インターネットビジネスで1人で脱サラ起業して失敗しないために必要な具体的な注意点を解説 | インターネットビジネスで自由を手に入れる成功への道

インターネットビジネスで1人で脱サラ起業して失敗しないために必要な具体的な注意点を解説

独立起業

Masakiです。

今回インターネットビジネス起業で失敗しない、絶対に知っておくべきことについて話をしていきます。

もしインターネットビジネスで起業したいと考えてたり、すでに何かしらで起業されてる方もいらっしゃると思うんですけども、これまで私がインターネットビジネスで起業して10年以上やってくる中で、上手く継続して起業してやってる人もいれば、逆に会社員に逆戻りしてしまった人も、たくさん見てきました。

会社員から脱サラしてネットビジネスで起業したのに逆戻りするケース
Masakiです。 今回はネットビジネスで 脱サラに成功したのに 逆戻りしてしまうケースについて。 よくネットビジネスをやっていると 会社勤めしているのは悪だ。 というような発言をする人がいます。 確かに私自身...

今回は綺麗ごと一切なしで、自分の恥ずかしい過去もさらして、一体どうすれば、長く継続してインターネットビジネス起業で上手くやっていけるのか?

その重要なポイントっていうのを解説していきたいと思います。

是非これを読んでいるあなたには、上手く継続してやっていってほしいのでしっかり最後まで読んでほしいと思います。

結論から言うと、

特に初期費用の少ないようなビジネスで起業した初めの頃は、元々持ってるお金も少ない人がほとんどなので、失敗してもたいした痛手にはなりづらいんですよね。

逆に起業してある程度まとまったお金が増えてきてからの方が、何か大きい投資をして失敗してしまうような可能性が高いです。

ですので、そんなにインターネットビジネスで起業することに大きい不安は抱える必要はないと思いますので、今回話すポイントだけしっかり押さえておいてほしいと思います。

なぜインターネットビジネスで起業したくても失敗したくないから躊躇して悩んでしまうのか?

ではまず最初になぜ起業することに悩むのか?躊躇するのか?

について話をしていこうと思うんですけども、1番の起業するのに不安を抱えたり、ためらってしまう理由となるのが、

・起業した後の生活の維持

というものが大きく占めると思うんですね。

例えば持ってる貯金が底をついてなくなってしまうんじゃないか?

っていう恐怖だったりとか、

家族をこれから養っていくだけちゃんと稼いでいけるのか?

とか、

今よりも生活水準が落ちてしまって、水道を止められたりとか電気止められたりとかして、食べるものもスーパーの消費期限切れのモノばっかり買うようになるんじゃないかな…もしかして失敗して死んじゃうじゃないか…

こういった安心安全な生活の維持ができるかで不安を抱えている人も多いんじゃないかなと思います。

そしてまた起業するのに不安になったりためらう理由の2つ目として、

・周りからの反対意見がある

ということで、例えばそれは自分の彼女、彼氏だったりとかで奥さんとか旦那さんから、

「起業なんでやめといた方がいいんじゃないの?」

と言われていたり、

嫁ブロックの原因と対策から考えるインターネットビジネスで起業する方法
Masakiです。 嫁ブロックってご存知ですか? 旦那が転職とか起業するのを、 奥さんに阻止されるというものです。 私も独身の頃に起業しましたが、 確かに結婚してからとなると、 男は生活を支える責任が出てきます。 ...
インターネットビジネスの仕事を自宅でする際に奥さんや旦那さんや両親からの理解が重要
Masakiです。 あなたは会社の出勤って どれくらい時間がかかりますか? 相談など受ける方の中には 数時間かけて電車に乗って 出勤するという話もたまに聞きます。 ただこれはあきらかに時間が 勿体無いのでせめて独立...

「もし起業するんだったらもう別れる!」

って言われたりとかで悩んでいるかもしれません。

そういったところに葛藤があってなかなか踏み込めないって言う人もいると思います。

また仲の良い友人から反対されるということで、

昔は兄弟みたいに一緒に過ごしていたのに、自分の相方が遠くに行ってしまうんじゃないかと思って反対されたり。

上司や社員、自分の同期だったり後輩からの反対意見で、

「起業なんて失敗するやつの方が多いんだから…」

って自分でやった時もないのにそういう反対意見を言われて足を引っ張られるとか。

インターネットビジネスで起業して成功する上で知っておきたいドリームキラー対処法
Masakiです。 私達は生まれた瞬間から自分自身のマインドが形成されていきます。(遺伝子から既に決まってくる部分もありますが) どんな環境で、どんな人と、何をしたか。 それらによって、私達の思い描いた夢というのは、ただの...

起業するのに不安になる、ためらう理由の3つ目としては、

・なんだかよく分からない世界に踏み込む漠然とした不安

ですね。

例えば確定申告ってどうすればいいのとか、税金のこととか訳分かんないとか、実際起業するのに準備することってどんなことをやればいいのか?

もう副業やるだけで忙し過ぎて精一杯!っていう人だったりと周りに起業してる人がいなくて相談できない。

こういった、生活の維持だったり、周りからの反対意見とか、はよく分からない世界に踏み込むっていう漠然とした不安があることによってなかなか起業に踏み込めないっていうことがあると思うんですね。

Masakiが1人でインターネットビジネス独立起業を始めた頃の0から1の具体的事例

私はインターネットビジネスで起業して10年以上経つ訳なんですけども、私が起業した当初ってどういう状況だったかってことを、あんまり話したくないんですけども、話ししていきたいと思います。

まず起業するにあたってどれぐらい緻密に計算して、計画を立てて起業したかって言うと、計画書というものは作らずに計画ゼロで

「とにかく独立したい!」

ってその気持ちだけで独立したんですよね。

Masakiプロフィール
はじめましてMasakiと言います。 2011年から現在までインターネットビジネスでアフィリエイトやコンテンツ販売、コンサルティングなどの会社経営をしております。 といっても、最初から全部が順調な人生を送っていたわけでは全然あり...

ほとんどの人ってのは稼いでから独立するっていうパターンがほとんどだと思うんですけどもそういったプロセスも一切無視して収益ゼロの状態で1年目は個人事業の人して独立したわけです。

最初の1か月はインターネットビジネス自体にも取り組んでませんでしたからね。

当時ソフトバンクの孫正義社長が凄い好きで、あの方の本を読んで凄い憧れて、何のビジネスでもいいけど、とにかく独立したいと情熱を燃やしてました。

ついにソフトバンクの孫正義氏を目の前にして
Masakiです。 会っておきたかった。 いつか会わねばいけなかった。 先日ついにあのソフトバンクの、 孫正義氏を目の前にする機会がありました。 日本一の経営者。孫正義氏。 約2時間、ずっと彼の話を聞き入れ、...

もちろん計画書もゼロなんで、収益もゼロです。

小さい頃からインターネット初期の頃からパソコンを触って慣れていたので、自分の住んでる地域でパソコンを教える先生やったりとかレンタル事業をやってみたりとか、最初とにかく色んなことやってましたね。

ただそんなことできたのも固定費がほとんどかかってなかったのが結構ポイントでした。

その時まだ実家暮らししていたのです。

しかもまだ当時は独身でした。

インターネットビジネス実践者が結婚してなくて子供がいない独身時代のうちに実践しておいたほうがいい5つのこと
Masakiです。 インターネットビジネスに取り組み始めて、成果を出すにはまず作業に取り組む、時間の確保が大切になります。 それは人それぞれ、今の環境によって変わってくると思います。 例えば学生であれば、比較的自由な時間も...

その当時付き合ってた彼女はいましたけども、週に1回ぐらいしか会わないで、その他は全部ビジネスやってる時間に費やしてたといった感じです。

大体その頃、貯金ってどのぐらいあったかって言うと、起業する前に勤めていた美容の会社での働いてた貯金があったので、大体50万〜100万ぐらいの間ぐらいの貯金で、そこを切り崩しながらビジネスに取り組むことができてた感じですね。

これだけ聞くと結構、無謀だなって思えると思うんですけども、当時の自分としてはかなり若かったっていうのもあって、

「何とかなんだろう!」

と思ってたし、

「自分ならきっとできるだろう!」

って思い込みが強くあったと思います。

大体起業して3、4ヶ月目から月5、10万円と稼ぎが増えていって、9ヶ月目には月100万円以上稼ぐような状況までもっていった感じでしたね。

インターネットビジネスで脱サラして独立起業することで得られるメリットとは

次にそもそも起業することで得られることって一体どんなことがあるのか?

話していこうと思うんですけども、

やっぱり大きいのはビジネスに費やせる時間が大幅に増えるってことですね。

今まで会社員で勤めていたのであれば、通勤時間もなくなりますし就業時間っていう全部を自分のビジネスに費やすことができる。

当然ビジネスでの売り上げは上がりやすくなるわけですよね。

また稼ぎに上限がなくなることで、会社員の場合で収入をあげるのは歩合制でない限りなかなか困難だと思うんですけども、起業すると次の先月の2倍の売上を稼いだりよくあることなんですよね。

インターネットビジネスを本業にして独立後に得られるメリットや生活の変化
Masakiです。 おそらくこれを読んでいる方は、これからインターネットビジネスで収入を確保して今の会社を辞めて独立したい。 本業レベル並に副業でも稼げるようにはなってきたけれども、脱サラしようかどうか怖くて迷っているという人か...

ですのでよく会社の同僚なんかで、自分の収入自慢してくるやつっていると思うんですけども、起業することによって、今まで収入自慢してきたようなやつも一撃でねじ伏せることができる訳ですよね。

また起業することによって誰かに縛られることもなくなります。

起業すればあなたが「代表取締役社長」になる訳ですから。

今度はあなた自身が人に指示できるような立場になれるわけですね。

ですので誰かに、

「お前ちゃんと働けー!」

って文句言われることもなくなりますので、ストレスも少なく生きていくことが起業することで得られるわけです。

パワハラや嫌がらせによって会社を辞めた後にアフィリエイトで年収1000万稼いで見返したい
Masakiです。 今回の相談は、 50代の女性の方からです。 「2014年の1月に会社をパワハラで辞めました。 体調も悪くなり就職活動も旨く行かずスキルを維持しアップするため、 2015年の6月くらいから、就職活動を...
インターネットビジネスは他の仕事に比べて圧倒的に肉体的・精神的疲労度が少ない
Masakiです。 これを読んでいる方の中には、 普段仕事していて肉体的に疲れたりとか、 精神的に疲れてしまってる人もいるかもしれません。 生活していくためのお金だから、 とりあえず今は嫌な気持ちを抑えて、 しょうがなく...

インターネットビジネスで1人起業するリスクを恐れて失敗しないために必要なこと

ではここから多くの人が基準とする起業するタイミングについて話していきたいと思うんですけども、ほとんどの人っていうのは、今会社員で30万円もらってるんであれば、30万円以上の副業の収入を得られること。

つまり

「副業の収入が給料を超えること」

それが起業するタイミングだと決めている人も少なからずいるんじゃないかなと思います。

ただこれには落とし穴があって、翌月以降も副業の収入が給料を超えないと、なかなか起業の道に踏み込めない人が多いんですよね。

独立起業してネットビジネスで失敗する事なんて考えないし大して怖くもなかった
Masakiです。 少し強気なタイトルですが、 これには理由があります。 とくに今現在、人生でくすぶっていたり、 独立起業に対して迷っていたりっする人は 何かしら気づきになってもらえればと思います。 インターネットビジネ...

例えば今月末初めて自分の副業の収入が会社員の30万円を収入を上回ったとしますよね。

ただ翌月になって副業の収入が急激に下がったとします。

そうすると会社員の給料を上回っても、結局やっぱり

「まだ起業するのは駄目だ」

ってなって、その次の翌月も会社員の給料を超えられなければ、

「やっぱりまだ起業はできない…」

そういう状況になってしまう訳なんですね。

ですのでこれを読んでいるあなたに知っておいてほしいのは、ビジネスをやってれば必ず波はあります。

特に売り上げが大きく跳ね上がった翌月は下がってしまう可能性がある訳なんですね。

そしてまた売り上げが戻ったり、また下がったり、上がったり。

どうしても今まで会社員やってると毎月一定の決まった額が振り込まれるので、それに慣れてる人が多いと思うんですけども、起業すると少なからずアップダウンの繰り返しはあります。

ですので真剣に起業しようと考えてるんであれば、どこかで踏み込む覚悟っていうのも大事になってくるかと思います。

インターネットビジネスで本業の収入を超えられない原因と解決策
Masakiです。 これを読んでいる方の中には、 今の会社員の収入を超えて将来独立したい。 現在行っているリアルビジネスから脱却して インターネットで完結できるビジネスにシフトしたい。 そう思いながらも数ヶ月、数年と月...

インターネットビジネスで起業するおすすめのタイミングは学生〜20代前半or女性は子育て後or転職活動中

そして次に起業するのに失敗しないためにということで、先程殆どの人っていうのが起業する基準として

「自分の会社員の給料を上回ること」

を基準としてる人が多いと思うんですけども、意外と見落としている要素があります。

年齢は学生〜20代前半が一番おすすめ

それは何かって言うと、まず1つ目が年齢です。

よく挑戦は何歳からでもできるって綺麗な言葉だと思うんですけども、だったら早くやれよって思うんですよね。

不老不死になるとか、仮想空間に生きるとか、そういう時代が訪れない限りは何だかんだ言って年齢を重ねるほど可能性は狭まると思います。

80歳になってブログ100記事書いてください!

って言われたら、さすがに私だったら寝てたいなと思いますもん。

インターネットビジネスを始めるのに適したいい年齢とは?
Masakiです。 これを読んでいる中にはインターネットビジネスというものを知ってこれから始めようとしている人もいらっしゃると思います。 それぞれ自分にもネットでビジネスなんかできるのか? と疑問に思ったり、不安な気持ちの...

やっぱり起業するのにも年齢ってのは大事で、個人的にお勧めのタイミングってあるんですけど、具体的に言うと1つ目が学生〜20代前半のうちですね。

私がそうだったんですけども、これを読んでいる方は、私よりも学歴もあって、真面目な人も多いと思うんですけども、この頃の学生から20代前半の頃の自分の現実としては、

とにかく

かわいい人いないかな〜
もっとお金稼ぎてぇな〜
死んだら死んだでまいっか〜

ま。

そんな感じの現実で生きてた訳なんですけども。

そんな中でも自分は、なろうと思えば何でも変われるようなそういった側面もあったんですよね。

やっぱりこの時期の勢いだったり、貪欲さ、体力、

守るべきものも少ないので、無茶できる時期だと思うんです。

個人的には自分も含めて、周りの人を見てきた中でも、この学生から20代前半の時期に大きく人生変えてる人が多い印象がありますね。

高校生の億万長者
どうもMasakiです。 さて、タイトルにある「高校生の億万長者」ついてお話していきます。 私が独立してちょうど1年くらい経った頃、あるきっかけで繋がり現役高校生で年商数十億の会社を経営する少年と銀座で二人で会って食事したことが...

ですのでもしこれを読んでいるあなたの年齢が、学生〜20代前半で今起業することに悩んでるなら、是非挑戦してみることをお薦めしたいと思います。

女性は子育てが終わって手離れした頃

そしてまたもう1つのお薦めのタイミングとして、子育てがある程度手離れしている状態。

そういった時期に起業するのもお薦めのタイミングです。

どうしても子供が生まれる直前に起業したして、急にそこから売り上げが下がってしまったりとか、子育てで一杯一杯になってしまって、なかなか時間が作れないで夫婦の関係もこじれてしまって離婚してしまう…

年収1000万円稼いでいたが無駄使いをして妻と離婚しました
Masakiです。 今回の相談者は、 40代男性の方から。 「5年前に離婚した理由が お金の無駄遣いです。 私はもっと自由にお金を遣いたい と主張し、妻は私が趣味にお金を 遣い過ぎると批判していました。 それ...

そういう状況にもなりかねないので、ある程度子育てが落ち着いて自分の時間が持てるようになった時期に起業するのもいいかと思います。

転職中

それ以外のタイミングとしては転職しようと考えてる時期に思い切って起業してしまうのもいいかと思います。

何だかんだ就職してしまうと、その会社からすぐに離れるっていうことはできなくなってしまうと思いますので、別に試しに起業して失敗したら失敗したで、また就職すればいい話なので、転職を機に一度挑戦してみるっていうのもいいかと思います。

将来ネットビジネスで起業するために新しい転職先で雇用して採用もらうために大事な面接と履歴書のポイント
Masakiです。 よくネットビジネスで悩みの1つに、 作業時間が確保できない。 という悩みが多くあります。 夜遅くまで残業が続いたり、 休みが少なくて全然作業時間に 当てることができなかったり。 特にネットビ...

インターネットビジネスで脱サラ起業した後に会社員に逆戻りする問題を回避するための注意点

そして最後に起業するのに見落としがちな要素として事前に知っておきたい注意点です。

せっかく起業したはいいものの、その後また会社員に逆戻りしてしまうことはできれば回避したいですよね。

また上司達からあれこれ言われるのはゴメンだと感じる人もいると思います。

あなたがそうならないために大切なことを3つお伝えします。

時代の流れに合ったビジネスに取り組む

時代の流れを読むということで、やろうとしているビジネスが今後成長分野であるかどうかを見極めてほしいですね。

もう既に衰退分野である場合、もしかして起業してから1、2年は大丈夫かもしれないけども、急にそのあと売り上げが立たなくなってしまう可能性もあります。

取り組んでるビジネスが成長分野であれば長く取り組める可能性があるので、時代の流れを読むっていうのも意識してほしいと思います。

1つのプラットフォームに依存しすぎない

そして最後の起業するのに見落としがちな要素として1つのプラットフォームに依存しないということです。

例えばYouTubeの広告収入で30万円稼いでるとして、その1つの収益の柱だけに頼ってしまうと、仮にそのYouTubeチャンネルで広告がつかなくなってしまった時に大きいリスクになる訳ですね。

そのリスクヘッジとして収入の柱を2つ以上を作っておくのが大事になります。

2つの柱を作ることで1つが15万円、もう一つが15万。

合計30万円の収益が立っていれば仮に1つの収益の柱がなくなっても、まだやっていける可能性はあるということです。

特定の企業のサービスだけに依存してしまうと、せっかく会社員以上の給料稼いでたのに全部なくなってしまう可能性もあります。

独自の媒体、独自の商品とかサービスを持っておくことで、そういったリスクを減らすこともできますので、稼ぐだけじゃなくてリスクヘッジの方もしっかり行なってビジネスに取り組んでおくと、起業してからいきなり収入が下がることは回避できるのでこの辺も押さえておいてほしいと思います。

インターネットビジネスのコンテンツ販売で始め方と稼ぎ方
インターネットビジネスにおいてコンテンツ販売は初心者の方にとっては覚えるスキルが多いのでハードルを感じるかもしれません。ただこのコンテンツ販売で自分の商品やサービスを持つことによってプラットフォームによる影響を可能な限り抑えることができ、か...

今回のまとめ

何だかんだ言って起業する上で若い人っていうのは可能性に満ち溢れています。

そしてたとえこれを読んでいるあなたが何歳であろうと、一番若い日というのは今日この日だとということを覚えておいてほしいです。

人生いつかは終わってしまう訳なので、やりたいことは後回しにせずに早めにやっておくことが後悔しない生き方です。

インターネットビジネスの独立起業に関する記事はこちらにもまとめていますので合わせて読んでみて下さい。

インターネットビジネスで独立起業をしたい会社員や主婦や学生が個人事業主や株式会社にするための道
副業から晴れてインターネットビジネスで、独立起業して個人事業主や株式会社設立までに重要なこと。 独立するのって不安を感じる人も多いと思います。 昔は株式会社設立して独立するのに多くの資本金が必要だったり、固定費なども事務所代など...

もしインターネットビジネスで起業に悩んでいる方は、個別にいろんな悩みを抱えている方も相談も受け付けてます。

さらにネットで起業してから数千万、億とステップアップして稼いでいくための方法もメルマガやLINEで今後配信していく予定ですので、

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

⬇LINE登録で1000万円相当の無料プレゼント⬇
✅インターネットビジネスで10年稼ぎ続けるスキルアップコンテンツ
✅コンテンツ販売、アフィリエイト、ブログ、マーケティング、ライティングなど500本以上
✅MasakiのYouTubeやブログの最新の更新情報をいち早く受け取れる
LINEで「@bizmasaki」で検索するか
下のボタンから追加すればすぐに受け取れます。
友だち追加

最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました