fbpx

コンテンツ販売で稼ぐための決済プラットフォーム6選!初心者でも始めやすいお薦めのnote、Stripe、PayPal、Brain、エキスパ、インフォトップ

稼ぐ方法

Masakiです。

今回コンテンツ販売はどのプラットフォームがいいのかについて話をしてこうと思うんですけども、これ読んでいる方でこれからコンテンツ販売を始めたいとか、既にコンテンツ販売を始めてる方も、結局どのプラットフォームでコンテンツ販売をすればいいのかっていうところで悩んだりしてないでしょうか?

今回は私がこれまで長年コンテンツ販売をやってきた上で、各プラットフォームの特徴というものを話していきます。

この内容聞くことによって、どのプラットフォームで販売すればいいのかの判断ができるようになりますので、この話を把握しとかないとせっかくあなたのコンテンツ販売で売り上げた大事なお金が残る金額が少なくなってしまう可能性もありますので、ぜひしっかり学んで欲しいなと思います。

結論から言うとこのプラットフォームが一番いいというものはなくて、いくつかのプラットフォームを自分で決算手段として持っとくのがいいんです。

それがリスクヘッジになりますので、今回話す各プラットフォームの中からあなたに合いそうなものを選んで欲しいなと思います。

なぜ個人がWEBのコンテンツ販売で稼ぐ上で決済プラットフォームのサイト選びが重要なのか?

ではまず最初に、なぜコンテンツ販売はプラットフォーム選びが重要なのかについて話をしてこうと思うんですけども、結局どのプラットフォームで販売してもいいんじゃないのかって思うかもしれないんですけども、これには理由があってまず1つ目に手数料の違いです。

それぞれ各プラットフォームは意外と手数料が違います。

これによって最終的に残る利益が変わってくるわけですね。

これを具体例を言うと1万円のコンテンツを販売した際に、あるプラットフォームでは1000円以上手数料が引かれてしまうところを、別のプラットフォームでは300円ぐらいで済むプラットフォームもあるわけです。

当然、販売するコンテンツの価格が高ければ高いほど、この手数料は大きな差が開いてくるわけですね。

そしてもう一つプラットフォーム選びが重要な理由として、ルールの違があります。

例えばなんですけどもプラットフォームによっては扱えないジャンルもあったりします。

例えば投資系だったりとかアダルト系のジャンル。

インターネットビジネスでアダルトアフィリエイトはおすすめしない
Masakiです。 儲かってるかどうかは別にして、 アフィリエイターで取り組むジャンルで 割と隠れて多いのが、 「アダルトアフィリエイター」 なんですよね。 意外と真面目でお硬そうな年配の方で、 何のインターネ...

そういったジャンルに関してはプラットフォームによっては禁止されているところもあります。

またプラットフォームによって販売する商品に審査というものが設けられる場合もあります。

誇張した表現はされてないかとか販売する商品の中身もチェックされる場合もあります。

また購入者の決済手段もプラットフォームによって違います。

情報商材などクレジット決済で購入したり損しない生活を送るためにクレジットカードを作っておこう
Masakiです。 ネットビジネスをやっていれば、 どうやってネットで稼げばいいか、 情報商材を購入した経験は大体あると思います。 有名なところだとインフォトップでしょうか。 またインターネットビジネスをやっていれば、...

銀行振込がないとか、分割決済に対応してるだとか、またクレジットカードで取り扱ってないブランドがあるとか、こういった違いもあるわけですね。

そしてもう1つプラットフォーム選びが重要な理由として機能の違いです。

これは例えばどういったことかっていうと紹介機能言われるアフィリエイトの機能がついてるかついてないかどうか。

またそのプラットフォーム自体が自分の商品を露出してくれるかしてくれないとか、自分のコンテンツ販売で売り上げた金額の振込のタイミングってのもすぐに振り込んでもらえるプラットフォームもあれば翌月にならないと振り込んでもらえないっていうかそういった違いもあるわけですね。

このようにして手数料の違いとかルールの違い機能の違いによって、自分がコンテンツ販売で販売するプラットフォームの選択は変わってくるわけですね。

WEBでコンテンツ販売をして売って商品提供するまでのおおまかな流れ

一旦ここでコンテンツ販売する上で大まかな流れてものね確認しておきたいんですけども、

1つ目に自分の商品やサービスに集客をします

2つ目にランディングページなどで商品説明を読んでもらう

3つ目にに購入ボタンをクリックして決済してもらう

4つ目にコンテンツを閲覧してもらう

インターネットビジネスでコンテンツ販売を始めるためのコンテンツの作り方から販売のやり方を初心者でも分かりやすく解説!
Masakiです。 今回は、インターネットビジネスでコンテンツの作り方から販売までを話していきます。 これを読んでいる方でこれからインターネットビジネスで自分の商品やサービスをコンテンツ販売したいと考えてる方がいると思います。 ...

特に今回話すコンテンツ販売におけるプラットフォームってのは、この3番の実際にお金を払ってもらう決済してもらうタイミングってので必要になってくるわけです。

コンテンツ販売で商品を売って稼ぐためのおすすめの決済プラットフォーム6種類

ここから具体的にコンテンツ販売を決済する上でのプラットフォームってどんなサービスがあるのかっていうところを一つ一つ解説してこうかなと思うんですけども、まず1つ目にstripeという海外の決済サービスですね。

Stripeの決済をコンテンツ販売で使うメリットとデメリット

このStripeのメリットとしては一番はやっぱり手数料が安いっていう点です。

インターネットビジネスのためのオンライン支払い処理 - Stripe
インターネットビジネスのオンライン支払い処理。Stripe は、不正防止や定期支払い管理に対応し、あらゆるサイズのオンラインビジネス向けのコマースを支援する支払い API スイートです。Stripe の決済プラットフォームを使用して支払いをオンラインで受け入れ処理し、使い易いコマースソリューションを実現しましょう。

基本的に手数料って販売価格が低いとそこまでは気にならないんですけども、例えば何十万とかそういった商品を販売すると結構この手数料の数字の違いってのが気になる人も多いと思うんですね。

またstripeの場合は販売者側からしても購入者側からしても非常に使いやすい点がメリットとしてあります。

そしてすぐに導入できるということで、サービスに新規登録して比較的すぐに使えるようになるのもメリットのひとつです。

また基本的に今回紹介する決済のプラットフォームは売り上げたお金を自分で振込申請しないといけないサービスが多いんですけども、このstripeに関しては、自動で一週間ごとに口座に溜まった売上を自動で振り込みしてくれる機能もあるんですね。

そういったところも踏まえてコンテンツ販売する上でこのstripeは初心者にも非常にお勧めのサービスですね。

デメリットとして一つ挙げるとすればJCBのクレジットカードで決済してもらうためには、審査が必要になってくるところだけネックになってきます。

ですのでこの審査を通さない限りJCBのクレジットカードだけ持ってる顧客の方は、決済できなくなってしまうデメリットがあるわけですね。

ここだけ注意して欲しいなと思います。

paypalの決済をコンテンツ販売で使うメリットとデメリット

そして次にpaypalというサービスがあるんですけども、こちらもかなり世界的に有名な会社なので知ってる方もいると思うんですけども、こちらのpaypalのメリットとしては先程のstripeと同じように手数料が安いということですね。

そして同じように使いやすい・すぐに導入しやすい。

ただ個人的に今まで使ってきてこのpaypalに関してはデメリットがストライプよりも少し多い点が挙げられます。

というのも販売商品への規制がこのpaypalは厳しいんですね。

実際に私自身もこのpaypal使ってきたアカウントが停止になったった経験があります。

私の場合はそれだけで済んだから良かったんですけども、最悪paypalに溜まった資金が引き出せなくなったケースもあるらしいんですね。

ですのでもしpaypalを使う場合は頻繁に自分の口座の方に振り込みの申請した方がいいと思うんですけども、特に情報商材に近いようなコンテンツ販売をしてる方はは、もしかするとこういったリスクを負う可能性がありますので、もし今現在使ってるという方がいたら注意した方が良いかと思います。

ペイパルのクレジット決済システムを使ってネットビジネスの情報販売や継続課金システムをはじめよう
Masakiです。 ペイパルって知っていますか? インターネットの決済システムの サービスなのですが、 日本でもかなり有名で多くの人に 使われている決済システムなんですね。 実は現在、テスラ・モーターズや スペース...

noteの決済をコンテンツ販売で使うメリットとデメリット

そして次に紹介するサービスはnoteという国内のサービスなんですけども、こちらのnoteの使うメリットとしてはクレジットカード登録者からすぐに決済してもらいやすいという点ですね。

note ――つくる、つながる、とどける。
クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。

こちらすでにnoteにクレジットカード登録してる方はワンクリックで自分の商品を購入してもらえるんですね。

そういった意味でこのnoteでは何百円とか何千円ぐらいの低額の価格帯だとワンクリックで買ってもらいやすい傾向があるので、比較的コンテンツ販売始めた初心者の人とっても始めやすいプラットフォームかなと思います。

こういった特徴があるのでsnsなどでインフルエンサーなどに拡散されることによって、購入に繋がりやすいという側面もあります。

ブログやソーシャルメディアで紹介リンクや口コミが生まれる方法
Masakiです。 私が起業した当初というのは ほとんどSNSなんて使う機会も ありませんでしたが、 今ではビジネスでもどんどん 使うことが多くなりました。 紹介リンクや口コミが生まれる人間心理 その中で「バズ」とか「...

またその他にもnoteの場合、有料記事みたいな形式になってるので購入後すぐにコンテンツが閲覧できます。

今回紹介している中でも比較的クリーンなイメージのあるプラットフォームなので、そういった部分意識して情報発信してる方にはお勧めできるプラットフォームです。

そしてこのnoteを使うデメリットとしては販売商品の規制が厳しいってことで、結構このnoteもね昔に比べるとだいぶ規制が厳しくなってきてるようなので、あからさまに「お金稼げますよ」と言った感じのジャンルは少し厳しいかなという点があります。

またnoteの場合は有料のプランにすると販売価格も変えられるんですけども、noteに関しては数百円から数万円単位の商品に向いていて、それ以上の数十万円とかの高額の商品の販売に関しては向いてないと言えるかと思います。

またその他にも先ほど紹介したstripeとかpaypalに比べて手数料は比較的高めになってきますので、もしnoteを使おうと考えてる方は利用契約の方から手数料の%をしっかり把握しておくと良いかと思います。

brainの決済をコンテンツ販売で使うメリットとデメリット

次に紹介するプラットフォームとしてbrainというサービスなんですけども、こちらのメリットとしては人気順とか新着順とかフォロー機能そういったものがあるのでプラットフォーム側から自分の商品やサービスのコンテンツの露出をしてもらえる可能性があります。

Brain | 紹介機能付きコンテンツ販売プラットフォーム ブレイン
Brain(ブレイン)は、自分が持っている知識やノウハウを有料販売し、収益化することができるプラットフォームです。レビュー機能により、良いコンテンツが可視化されるため、学ぶ側は質の高い学びを得ることができる仕組みが整っています。

実際私なんかもこのbrainを利用していてたまたまこの人気順に掲載してあって気になった全然知らない人のコンテンツなんかを購入したことがあるので、コンテンツ販売を始めたばかりという人でもこういったところで注目されることもあるわけですね。

また紹介リンクがワンクリックで作成できるということで、コンテンツ販売のプラットフォームではアフィリエイト機能ってものが付いてるものがあるんですけども、その中でもbrainに関しては、この紹介リンクがワンクリックで作成できるので非常に使いやすいなと思います。

その他にも商品のレビューのコメントが見れることで、商品説明に書かれてる内容に期待して買ったけども買ってみたらなんか全然違った経験したことある人もいると思うんですけども、このbrainに関しては実際に購入した人の感想のレビューも読めるようになってるので、ここである程度コンテンツの商品説明との温度差が測れるわけです。

brainに関してはsnsで拡散するインフルエンサーも結構いるので、口コミなどの拡散による購入に繋がりやすいとメリットもあるということです。

あえてデメリットを挙げるとすれば、紹介したstripeやpaypalに比べて手数料が高めであるといった感じになります。

エキスパの決済をコンテンツ販売で使うメリットとデメリット

では次に紹介するプラットフォームとしてエキスパというプラットフォームなんですけども、こちらのメリットとしては様々な決済方法を顧客に提示できることですね。

【無料】副業・起業ならエキスパ!
サイト作成 メール配信 決済 セミナー募集が1つに集約!ネットビジネスに必要な機能を全て備えた、副業・起業ツールならエキスパ。

エキスパに関しては、例えば分割回数を多く提示することができたり、銀行振込などにも対応してたりとか結構様々な決済方法が選択できます。

またその他にも例えば有形商品でDVDにして配送してお客様に届けたいとか、印刷した教材などを配送したいとかの販売方法にも対応してるといったメリットがあります。

そしてこのエキスパは、ランディングページを無料で作成できたりコンテンツ販売する上で便利なサービスってのエキスパというサービスの中で連携して使えるようになってるんですね。

この会社は情報業界に精通してる会社なので、他の決済プラットフォームで販売がうまくできなかったという場合は、候補としてこのエキスパを使うっていう選択肢もありかと思います。

デメリットとしては先ほど紹介したstripeやpaypalに比べて手数料が高めであったり、商品販売するうえで審査が割と厳しめであるということがあるので、こういった特徴があるということを覚えといてほしいと思います。

インフォトップの決済をコンテンツ販売で使うメリットとデメリット

そして最後にインフォトップというサービスで、こちら情報商材なんか購入したことある方は知ってる方も多いと思うんですけども、インフォトップを使うメリットとしては幅広く様々なジャンルの商品が販売可能ということですね。

インフォトップ:学ぶ・稼ぐ・アフィリエイト総合ASPサイト
インフォトップは、アフィリエイトサービスを備えたネット通販サイトです。アフィリエイトはもちろん商品販売・購入も簡単無料登録で今すぐ始められます。

投資型だったりとか成人向けの商品の販売でも、ここまで紹介した中では一番幅広く様々なジャンルが使えるプラットフォームかと思います。

また決済手段に関してもクレジットカードに関しても銀行振り込みに関しても種類が充実しています。

結構比較的高めの何十万円とかそういった高額な商品の販売においても、このインフォトップにおいてはシステム上向いているかと思うので、もし高額で商品を販売したいという方はこのインフォトップ検討してみてもいいかと思います。

デメリットとして挙げるとすれば、どうしても情報商材のイメージが強いプラットフォームになってしまうので、比較的クリーンで売ってる人にとっては多少ネックになってしまう人も、人によってはいるかなといった感じですね。

また手数料が高いという点。

インフォトップに関しては結構現金回収が比較的しやすい仕組みになってるので、手数料が高いのも致し方ないのかなといった考えもあります。

またインフォトップの場合、審査も比較的厳しいので、もしかすると販売ページを書き直さなくちゃいけない作業が出てくる場合もある事を覚えといてほしいと思います。

ここまでコンテンツ販売する上でのプラットフォームのstripe・paypal・note・brain・エキスパ・インフォトップと紹介してみたんですけども、それぞれのメリットデメリットを挙げてみました。

それぞれの各プラットフォームの規約なども読みながら自分のコンテンツ販売を始めて見て欲しいなと思います。

今回のまとめ

コンテンツ販売は今日からでも始めることができます。

今回紹介したstripeとかpaypalなんかに関しては比較的すぐにねコンテンツ販売を始めることができます。

どうしても販売する商品によっては、そのプラットフォームの規約に触れてしまって販売できなくなってしまっていうそういったリスクも考えられるわけですね。

そういったことも考慮して自分の販売するコンテンツをいくつかのプラットフォームで決済できるようにしておくと、いざそういった事が起こっても焦って売り上げが立たなくなることを回避できるかと思いますので、そういったりリスクヘッジもしっかり行っておくと良いかと思います。

私のクラブやコンサルなんかでもこのコンテンツ販売における売上が上がらないとか、どうやってコンテンツ販売を始めればいいのか、詳しくもっと教えてほしいという方はそちらでも個別に教えてますので、是非興味がある方はチェックしてみてほしいと思います。

【インターネットビジネスの高額塾、商材】MavericksClub(マーベリックスクラブ)は稼げるのか?
Masakiです。 おそらくこれを読んでいる人は、 「MavericksClubとは?」と検索して辿り着いたのかもしれませんし、たまたま見ただけかもしれません。 どちらにしろ、ちょっと興味が湧いてきた所で、このMaveri...
アフィリエイト・ネットビジネス個別コンサルティング【人数限定】
ネットビジネス・アフィリエイト コンサルティング(ネット業界No.1を誇るスピード対応)   私をあなたの「コーチ」として雇い あなたを不安や迷いから解放し短期間で 月収100万円以上を安定して稼ぐ...

このブログだけでは話せない
インターネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE公式アカウントで配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@bizmasaki」で検索するか
下のボタンから追加すれば
1000万円相当のプレゼントを
すぐに受け取れます。
友だち追加

最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました