Masakiです。

昔は個人が起業するなんて、
大きな資金が必要だったものの、
今の時代は逆に誰でも起業できる環境だが、
どの道に進むのか迷ってしまうくらい多い。

その中でもユーチューバーになるか
インターネットビジネスに取り組むかで
どっちの道に進むべきか悩む人も多いと思う。

というわけで今回は
その2つにフォーカスして
比較してみました。

ユーチューバーかインターネットビジネス起業家になるには?必要なことを比較してみよう

実際にユーチューバーになった場合、
インターネットビジネスを始めた場合、
それぞれの違いというものを洗い出してみる。

始める資金はどれくらいかかるか?

・ユーチューバー
基本的にはほぼお金はかからない。

インターネット環境と、
ユーチューブのアカウントを取得することと
スマホかPCが1台があれば始めることができる。

ただし、

傾向としてトップユーチューバー達は
動画の画質にこだわる人も増えてきたため、
どうしても画質の悪いスマホだと、
本格的に取り組んでいる感が伝わらない。

・インターネットビジネス

無料のブログなども使えば
基本的にはインターネット環境だけで
始めることはできます。

ただし、

無料ブログだと広告が入るので
年間数千円程度のサーバーを契約して
独自ドメインのブログを運営することがおすすめ。

収益が発生して稼ぐまでにかかる時間

・ユーチューバー
ユーチューブはこれまで規約の変更がされてきて
一定の視聴時間とチャンネル登録者数が1000人超えないと
アドセンス報酬の収益化がされることはない。

そのため動画の内容や配信者の人気度によって、
収益が発生するまでの時間はかなり変わってくる。

例えば何でもない素人が数ヶ月、1年かかるところを、
ある程度の認知度のある芸能人ならたった1日で
収益化までもっていくこともあるということ。

・インターネットビジネス
やり方によっては数日とか数週間など
短期間で収益化するやり方もあるにはある。

ただそのほとんどは何らかの
他社のプラットフォームに乗っかってる場合がほとんど。

しっかりとした基盤を構築して、
長期的に安定して稼ぎ続けるのであれば、
半年、1年くらいはかかると考えたほうが良い。

顔出しするかしないか

・ユーチューバー
基本的にはチャンネル登録の数や
再生回数を伸ばすことを考えるなら
顔出ししたほうが伸びやすい。

人気になると街を歩いていて
声をかけられる可能性もある。

周りからチヤホヤされたい
願望を持っているなら向いている。

・インターネットビジネス
顔出ししている人と顔出ししてない人
業界を見ていると半々といった感じ。

私は顔出しせずに10年近くやってきたけど、
個人的にはこれで良かったと感じている。

会いたい人とだけ直接会うスタイル。

場所的な制限

・ユーチューバー
アメリカだと比較的外で
撮影を行うユーチューバーが多いらしい。

逆に日本だと室内で椅子に座ったりして
カメラに向かって喋っている人が多いらしい。

ただ面白いネタを撮るためだったり、
他のユーチューバーとコラボするには、
どうしても外に出て撮影しなければいけないこともある。

・インターネットビジネス
基本的にはどこでも良い。
家でもいいし、海外にいながらでもいい。

またどんな状況でもできる点も、
知っておいて欲しい。

例えば寝ながらもできるし、
お風呂に入りながらもできるし、
入院中でもできるし、
飛行機の中でもできる。

つまり地球上であればどこでもできる。

将来に渡って続けられるかのリスク

・ユーチューバー
ユーチューブというプラットフォームに
依存してしまうと仮にチャンネルが停止された時。

一気に収入がなくなってしまう可能性もある。

ただ他のプラットフォームも活用したり
自分の認知度を上げておけば、
それなりに人気を出せば
将来も続けられる可能性はある。

・インターネットビジネス
こちらも同様に、
フェイスブックだけ、LINEだけ、
みたいに1つに依存してしまうと、
凍結や停止のリスクがある。

ですのでおすすめなのは
ブログやメルマガを育てておくこと。

独自ドメインのブログやメルマガは
他社に依存しないので、
取り組んでおく価値のある媒体。

社会からの信頼性の違い

・ユーチューバー
基本的には視聴者は
お金を配信者に払うわけでないので、
チャンネル登録者が多いほど、
それは信頼のパラメータとして見られやすい。

チャンネル登録者という数字が
わかりやすく信頼性のあるユーチューバーだと
判断できる要素の1つになる。

・インターネットビジネス
多くの場合は何らかの
コンテンツを販売しているので
直接お金のやり取りが発生する。

そのため商品やサービスの
クオリティ次第でお客様からの
信頼性は変わってくる。

私も10年近くこの業界にいるが
ここでの信頼の獲得は積み重ねが大切。

忙しさの違い

・ユーチューバー
トップユーチューバーであるほど、
基本的には毎日更新している人が多い。

仮に顔出しして編集も自分でやった場合、
基本的には1日中ユーチューブに
時間が費やされる人も少なくない。

そして今日が終わればまた
明日のネタを考えなければいけない。

編集者を雇ったり、
動画撮影を何本か溜め込んだり、
工夫しないと忙しさからは開放されない人が多い。

・インターネットビジネス
一番最初は労力はかかる。

しかしちゃんと仕組み化さえ
コツコツと積み上げていけば、
自由な時間は生まれてくる。

やり方次第で決まってくる。

家族に子供がいる場合のやりやすさ

・ユーチューバー
撮影する際に、
子供がいると音などに
気をつけなくてはいけない。

意外とまだ子供が小さい場合は
夜寝静まってから撮影を始める人も多い。

・インターネットビジネス
コンテンツ作りなどで
音声を撮る際はユーチューバー同様
静かな部屋でないと作りにくい。

ブログを書く作業であれば、
子供がそばにいながらでも書けるには書ける。

かかってくる固定費

・ユーチューバー
動画のネタを作る際に
例えば何かを買ったりお店に行ったり、
費用はかかってくる。

ある程度再生回数を
コンスタントに稼いでいるのであれば
だいたいネタ作りの買い物も、
いくらまで投資して回収できるかは計算できる。

他にも編集者やカメラマンなど
そういった人を雇いながらやれば、
固定費はそれなりにかかってくる。

・インターネットビジネス
基本的にはメルマガ配信スタンド、
サーバー代が固定費としてかかってくる。

ただ大半の人は収入が上がるほど
勉強代にも惜しみなくお金を使う人も多い。

よって書籍代やコンサルティング代など
自分の自己投資の費用がかかってくる。

しかしこれも大半は将来の自分への投資
と考えている人が多いので結果として、
自己投資をするほどリターンが大きくなる人が多い。

実践者の年代の違い

・ユーチューバー
現時点でのトップユーチューバーの
ほとんどが平成生まれの人が多い。

バリバリのネット世代で育ったのが
この人たちだと思う。

それより上の歳だからと言って
躊躇する必要はない。

80歳のユーチューバーだっている。

・インターネットビジネス
割と30代、40代が地に足を付けて
やっている人が多いイメージがある。

特にビジネス系のジャンルの人は
割と息の長い活動をしている人が多い。

逆に若者でインターネットビジネスを
始めようとしている人は一過性の
手法に飛びついて結局諦める人も多い。

動画とブログ記事の編集にかかる時間

・ユーチューバー
ユーチューブの動画の場合、
一度アップするとその内容を
編集するのは容易ではない。

撮影から編集して最終チェック。

これらを含めると数時間から数十時間
場合によってはかかっている人もいる。

かといってあまりに凝らないと
再生回数が伸びない人のほうが多い。

・インターネットビジネス
ブログの記事に関しては、
早ければ数十分、長くて数時間。

編集も動画よりも容易に行うことができる。

ただ昔に比べて動画の需要は
今後も伸びていくので、
ブログと動画のバランスも大事。

ユーチューバーかインターネットビジネス起業家になるには?のまとめ

というわけで、
これから始めようと考えていた人は
少しでも参考にしてもらえればと思います。

結論から言うとどっちもやったほうが
いいのでないかと思います。

実際に私も少しづつ、
ユーチューブのほうも育ててますので
ぜひチャンネル登録してチェックしてもらえれば。

このブログだけでは話せない
ネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@bizmasaki」で検索するか
下のボタンから追加することで1000万円相当の
プレゼントをすぐに受け取れます。
友だち追加

Instagram


最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓