Masakiです。

前回、美容師が将来美容室を
開業する以外の選択肢を書きました。

意外に多く悩んでいる人が
いらっしゃるなと感じました。

そして美容という業界で
美容師と同じく将来に関して
悩みを抱えている人が多いのが

「ネイリスト」

ではないかと思います。

実は知らない方もいるかもしれませんが
美容師とネイリストは割と共通な部分があって、
美容の専門学校って美容師の勉強意外にも、
ネイルとかエステの勉強などもします。

なので私もネイルの3級の資格は
持っていたりします。(意味ないですけど)

また美容室ではネイルの施術も兼用
してるサロンもあったりしますよね。

そんなネイリストの方からも、
将来について悩んでいるという相談があります。

そこでそんな方に向けて、
こんな道もあるんだということを
参考にしてもらえればと思います。

AI時代に突入して機械化進むとネイリストの今後の将来はどうなっていくのか?

おそらくネイリストの方であれば
今後の先行きが不安だと感じている人も
多いのではないかと思います。

これはネイル業界だけに限った話でないですが、
どの業界にもAIが本格的に導入されていきます。

例えばこちらの動画をご覧下さい。

今後はもっとクオリティが高く
細かい注文などにも対応してくれて
しかも低価格で早く仕上げてくれる
そんな機械も遅かれ早かれ出てくるでしょう。

ですので私は○○の技術を持っているから大丈夫!

という感じではいつか機械が人間の技術を
追い越す日もいずれ来る可能性もあります。

じゃあネイリストは必要なくなるのか?

というとおそらく二極化が進むでしょう。

技術や価格だけで売っていれば
そういった人は機械化に追い込まれ、
行き場を失うかもしれません。

ただいくら機械化が進んだとしても、
全員が消えることはないはずです。

お客さんの中にはネイリストと
直接話しして施術してもらうのが
好きという人もいますよね。

つまりは今後は人間的な魅力が
あるかないかが今後生き残るには
大きく差が開いてくるでしょう。

個人のネイリストにとって大企業をライバル視する時代は終わった…今の時代に見ておくべきはユーチューバー

昔は業界問わず、
大企業という存在が、
誰もがライバル視していたことも
多かったんじゃないでしょうか。

ただ今もそうだとは思いません。

今で言えば個人のネイリストにとって
注目しておくべきはユーチューバーなどの
インフルエンサーの存在でしょう。

今ではユーチューブを見れば
沢山のセルフネイルの動画が挙がってますね。

今まではそこそこのクオリティでもいいから
セルフネイルでもいいやという人が増えてきてます。

しかもどんどんネイルのプロが動画で教えて
どんどん競争が増えることで精度の高い技術も
ほとんどセルフで見様見真似できてしまうわけです。

となるとチェックすべきは、
そうしたユーチューバーなどのインフルエンサーでしょう。

個人のネイリストはどうすれば今後将来で活躍していけるのか?

そうなってくると個人のネイリストが
今後生き残っていくには技術はもちろんですが、
最も大事になるのが人間力でしょう。

「○○の技術ができるからこのサロンに行こう」

ではなく、

「○○さんにやってもらいたいからあのサロンに行こう」

これを持っていないと、
これからのAI時代においては
取り残されていってしまいます。

考えてみて下さい、

ユーチューブでセルフネイルを学んでいるのは
必ずしもプロからだけではないのです。

有名なユーチューバーであれば
多少技術があろうがなかろうが、
自分の好きな○○さんの動画を
一生懸命に見て真似るわけです。

つまり今後は誰から学ぶのか
というのがより重要視されるでしょう。

将来ネイルサロンを開業したいネイリストが廃業などに追い込まれ失敗しない方法

これを読んでいる方は、
おそらく将来ネイルサロンを開業したいと
考えている人もいるでしょう。

ネイルサロンというのは美容室に比べて
比較的法律上の問題などの敷居が低いので
開業はしやすいかと思います。

コストとしてかかってくるとすれば
毎月の物件の賃料が払えるかってとこでしょう。

やはりネイルサロンとして物件を借りるとなれば
最低でも10万〜20万円代はかかってきますよね。

それに加えて細かい費用もかかりますから
最低でも20〜30万の売上はないと、
赤字になってしまうことでしょう。

大したことない金額にも感じるかもしれませんが、
特に物件の立地などによっては思った以上に
集客がいかなくて余計な広告費などがかさんで
開業したばかりの段階では厳しい状態が続くことも考えられます。

将来ネイルサロンを開業したいネイリストが失敗しないためにインターネットビジネスで収入の柱を作ろう

そこでもしネイルサロンを開業しても
赤字が続いて不安な状態にならないために
取り組むことをおすすめするのが、
あらかじめ収入の柱を他にも持っておくという考え方です。

例えばネイルサロンを開業したとして
毎月の賃料が20万円かかるとすれば、
はじめた時点でその分の収入が
毎月あるとしたら凄く気が楽じゃないですか?

もしネイルサロンを開業して
お客さんがあまり来なかったとしても
別に赤字になるわけでもないですからね。

気持ち的に焦ることもないでしょう。

じゃあどこからそのような、
副収入となる収入源を稼げばいいのか?

それがインターネットビジネスです。

なぜインターネットビジネスをネイルサロンと兼業で収入の柱を作っておくべき理由

じゃあなぜインターネットビジネスなのか?

いくつかオススメする理由があります。

ネイルの仕事の空き時間を使って作業ができる

まず大事なネイルの仕事の空き時間で、
作業を行ってお金を稼ぐことができる点です。

ネイルの仕事をしていて
空いた数時間、数十分の時間を使って
例えばブログ記事を書いたり、動画を作ったり、
SNSを更新することができますよね。

これがどこかに出向くとなると、
結構な負担になりますがネイルをやっている
デスクの上でこうしたインターネットビジネスの
仕事が合間にできるのはとても都合が良いのです。

インターネットビジネスに初期費用や固定費がほとんどかからない

ネイルの他にビジネスを始めるとなると
これ以上別に費用なんてかけられない。

そう思う人もいると思います。

ただインターネットビジネスにおいては
ネイルの仕事もそこまで大きく費用は
かからないほうだとは思いますがそれ以上に
コストをかけずに取り組むことができます。

具体的には毎月数千円程度の費用で済むでしょう。

インターネットビジネスは今のネイルの仕事にも活かすことができる

ネイルの仕事と兼業で行うとすると
全く違う仕事を掛け持って大変だと感じるかもしれません。

ただ今の時代どの業種であっても
インターネットを活用していない仕事は
ほとんどと言っていいほどありませんよね。

必ず何かしらインターネットビジネスで
学んだことや経験したことはネイルの仕事でも
活かすことができるようになります。

それは何をやるのかによっても
活かし方は変わってきますが、
特に美容業界というのはその道しか
歩んできていない人が圧倒的に多いです。

となるとネイルのお仕事に加えて
インターネットをビジネスでどう活かすかを
学ぶことによってさらに他の人よりも
仕事の幅が広がるわけです。

ネイル業界の機械化が進み取り残される前にインターネットビジネスをはじめておこう

どうしても中にはインターネットに対して
苦手意識を持つ人もいますが、
今後は時代の変化に柔軟に対応していかないと
遅かれ早かれ取り残されることになっていくでしょう。

ネイリストとして活動するのにも
年齢的な問題など歳を重ねるたびに
心配事も増えてくることだと思います。

であればインターネットビジネスも学んで
今後長く自分の好きなネイルを何らかの形で
続けることができるのであれば幸せじゃないでしょうか?

私は美容業界出身でかつ
インターネットビジネスを
約10年に渡ってやってきた経験から
何らかの手助けができればと思います。

このブログだけでは話せない
ネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@masakibiz」で検索するか
下のボタンから追加することで1000万円相当の
プレゼントをすぐに受け取れます。
友だち追加

Instagram


最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓