インターネットビジネスにおいてのバナー広告の種類とは? | インターネットビジネスで自由を叶える成功への道

インターネットビジネスにおいてのバナー広告の種類とは?

インターネットビジネスにおいてのバナー広告の種類とは?スキルアップ

Masakiです。

インターネットビジネスをやっていて、よくネットサーフィンをしていると目につくのがバナー広告ですね。

バナー広告と言っても色々な種類があるのでそれぞれどんな広告なのか紹介していきたいと思います。

テキスト広告

基本的にテキスト広告というのは、リスティング広告やメールマガジンなどの広告に多いです。

クリックすると広告主のページが表示されるようになっています。

よくグーグルなんかの検索結果の上の方や、下の方に表示されますね。

テキスト広告は出稿する側もテキストのみで画像を作成しなくていいので比較的出稿が簡単です。

ただその分、

テキストで惹きつけなければいけません。

ですので画像や動画に比べるとインパクトに欠けるという事でもあります。

ネイティブ広告

次にネイティブ広告って何かというと広告の枠ではなく、コンテンツの中になじんで、自然と溶け込んでいる広告のことをいいます。

普通、あからさまに広告だとわかると無視されることも多いですが、コンテンツの邪魔になっていないので、

コンテンツかと思ったら広告だったということがあります。

ネイティブ広告は別名タイアップ広告とも呼びます。

記事広告

インターネット上には記事のような広告もあります。

広告主とメディアがタイアップして記事形式で作り掲載するのが記事広告です。

記事広告の場合制作費は高くつくのですが、そのメディアがある限りずっと記事として残るので、掲載期間は長くなるという利点があります。

動画広告

昔は広告でもバナーやテキストのみでしたが、ユーチューブが広がってから動画広告も、多く使われるようになりました。

ちなみにユーチューブで配信されるのはインストリーム動画広告と呼び、最後まで視聴者に再生されると、コンテンツ所有者に報酬が入ったりします。

ちなみにデータ量の多いものは表現が豊かということでリッチメディア広告と呼びます。

リスティング広告

リスティング広告は大きく、検索連動型広告とコンテンツ連動型広告にわけられるのですが、

検索連動型は検索の結果に連動して広告が表示されます。

入力したキーワードに合わせた広告が表示されてそのほとんどは、クリック課金型になります。

コンテンツ連動型広告は、コンテンツの内容に連動して広告が表示されます。

ニュースやブログで連動されますが、ユーザーの好ましいキーワードをテキストから分析して表示されます。

これらはグーグルとヤフーが配信しているものです。

グーグルアドワーズ

日本でも一番有名なリスティング広告サービスが、ご存知グーグルアドワーズ。

これは昔からあるので使ったことある方もいるかもしれません。

低額から出稿もできるのでおすすめです。

これらの広告はグーグルの検索結果の他にも、グーグル・マップ、グーグルショッピング、などにも配信されます。

ヤフープロモーション広告

先程日本で最も有名なのがグーグルアドワーズに対して、その次に有名なのがヤフーのヤフープロモーション広告です。

検索連動型の、スポンサードサーチでは、ヤフージャパンやNAVERまとめ、Amebaブログ、excite、ニフティ、など

大手の検索エンジンやポータルサイトで配信されるようになっています。

グーグルアドセンス

これはインターネットビジネスをやっている方でも実際に試して人も多いかもしれませんね。

グーグルが個人向けに配信するもので、アドセンスのサイトからコードを張るだけであとはひたすらアクセスを集めるのみ。

ブログなどに訪問されてクリックされることで広告収入を得ることができます。

ユーザーの趣味嗜好に合わせて広告も変わるのでクリックもされやすいです。

ただし最近ですと、グーグルアドセンスの審査が厳しくなりできるだけ早めに審査を終わらせた方が良いかもしれません。

ネットビジネス初心者がグーグルアドセンスを始めて1次〜2次審査通過する方法
Masakiです。 ネットビジネスの初心者が はじめやすい稼ぎ方の1つとして グーグルアドセンスがあります。 どういうものかというと、 こういったバナーのものです。 このアドセンス広告をクリックされると ...

リターゲティング広告

一度ブログやサイトに訪問してくれたユーザーを追いかけて継続的に広告を配信するのが、リターゲティング広告といいます。

どういった仕組みで追いかけられるのか?

それはブラウザには、クッキーという機能があります。

それらを元に、一度訪問した人に対して再度リーチしていくのがこれです。

商品を売上アップに繋げやすい広告手法の1つ。

アフィリエイト広告

私も昔からインターネットビジネスでやっている広告の1つがこのアフィリエイト広告です。

もともとはアマゾンから始まったと聞いたことがありますが、企業は広告を載せる人から売上が上がった時にだけ報酬を支払います。

そして広告を載せる人は、コストがかかりません。

つまりお互いにとってWINWINで優秀なアフィリエイターの場合は、特別に待遇される場合もあります。

インターネットビジネスにおいてのアフィリエイト広告はこちらから

信頼できる無料オファーアフィリエイトセンターASP一覧
おすすめの無料オファーアフィリエイトASP一覧 最新のアフィリエイト案件や無料の自動ツールや過去に数千万円以上投資してきて得たノウハウやテクニックなどの秘密の情報はMasakiメルマガでいち早く配信してますのでご登録しておいてください...

PPC広告

PPC広告とはPEY PER Clickの訳で、クリックされるごとに広告料が発生します。

ただその分、本当の興味がある人しかクリックしないわけですから見られただけでは広告費は払う必要がありません。

費用対効果の大きい、インターネットでは主流の広告になります。

メルマガ広告

こちらは昔から使われている手法の1つの広告なのですが、

他人のメルマガで自分の告知をして配信する形式になります。

同じ属性のジャンルのビジネスの場合は見込み客を集めやすいこともあり、よくインターネットビジネス業界では号外広告としてお金を払って配信されることが多いです。

既に売る商品が決まっていれば例えメルマガ広告の広告費で数十万だとしても、1リストあたりのペイできる単価が把握できていれば利用価値のある広告です。

ツイッター広告

ツイッター広告に関しては低額から配信できるのもいいのですが、主に、ツイッター広告を出稿する際に、表示場所、キーワードによるターゲティング、ツイッターカードの利用、などで簡単にできます。

ただ実際に実践してみて結果をご覧になってほしいのですが、

ツイッター広告はネットビジネスで費用対効果があるかないかを検証
Masakiです。 ツイッターは10代の利用者も多い感じもしますが、 統計によると、日本のTwitterユーザの約半数は 30代以上のようですね。 というわけで、まだまだツイッターも ネットビジネスに活用するチャンスは...

正直な所、ツイッターの会社自体があまり広告に力を入れていません。

そもそもツイッター上での広告はあまり美しくないのかそこまで積極的ではないんですね。

フェイスブック広告

フェイスブックの広告収益はかなりを占めているのですが、実際に使ってみるとそれなりに効果が見込めます。

なんといっても広告の出稿の手軽さ。

そしてターゲティングを深く設定できるので自分の狙いたい属性に広告を出せます。

インターネット初心者がまず広告を使うとなればこのフェイスブック広告をおすすめします。

その他インターネットビジネスのマーケティングに関する情報はこちらにまとめてあるので合わせて読んでみて下さい。

インターネットビジネス集客・セールス・ブランディングマーケティング
ここではインターネットビジネスで売上に直結するマーケティングに関する知識を学ぶことができます。 集客マーケティング 第1回 インターネットビジネスの見込みリスト・メールアドレスの集め方〜初級編〜 インターネットビジネスでリストマー...

個人的にインターネットビジネス全般のコンサルティングを受けたい場合は、まずは無料トライアルで試すことでもできるのでお待ちしております。

【インターネットビジネスの高額塾、商材】MavericksClub(マーベリックスクラブ)は稼げるのか?
Masakiです。 おそらくこれを読んでいる人は、 「MavericksClubとは?」と検索して辿り着いたのかもしれませんし、たまたま見ただけかもしれません。 どちらにしろ、ちょっと興味が湧いてきた所で、このMaveri...

このブログだけでは話せない
インターネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE公式アカウントで配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

⬇LINE登録で1000万円相当の無料プレゼント⬇
✅インターネットビジネスに関するコンテンツを500本
✅LINE限定のお得なキャンペーンを定期開催
✅最新のYouTubeやブログの更新情報をいち早く受け取れる
LINEで「@bizmasaki」で検索するか
下のボタンから追加すればすぐに受け取れます。
友だち追加

最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました