Masakiです。

今後益々経済が落ち込んでいく中で、自分と周りの貯金額なんかを比較して、

「自分は平均より上だから大丈夫!」

なんて考えている人がいたら、その考え捨てたほうがいいよと思います。

意外とこれがサラリーマンの方や、起業して間もない人なんかに多くいて、そこを比べることに意味があるのか疑問に思うどころか、貯金額を重要視して比べること自体に危機感を持ったほうがいいよと思うわけです。

Masakiが初めて就職した先の初任給の話し

私が昔、初めて就職活動をしていた専門学校に通っていた10代後半のとき、就職した際の初任給って結構周りの人は気にしていました。

自分は初任給が高いからという理由で就職先を選んだわけでないのですが、たまたま大手の企業だったこともあり、他の友人なんかと比べて多少初任給は高かったんですよね。(と言っても2,3万ぐらいだと思います)

「えー初任給高くていいな〜!」

なんて周りからは言われてましたが、実力勝負の業界だったので初任給なんてただの誤差だろぐらいに思っていました。

そんなこんなで忙しい生活を送りながら20代前半を過ごしていると、段々周りも大学を卒業して会社に就職する人が増えてきたんですよね。

そこでその頃よく同級生の話しで挙がるのが、

「給料いくら貰ってんの?」

って質問です。

この質問をしてくるの結構嫌いなのですが、育ち良くない人に多い印象ですね。

自分の場合は就職する前から会社経営をすることは決めていたので、会社員である以上は副業でもしない限り、大きいお金を稼ぐのに限界があることを知ってました。

会社員の場合いくら頑張っても年収2、3千万円あたりがトップクラスの年収です。

ましてや美容業界で雇われながら、そこを目指すのは独立して起業するよりもハードルが高いと思うのです。

私が美容業界に就職したのは、単純に技術を身に着けたいっていうのが一番の理由ですね。

30代、40代の会社員の独身や夫婦の平均貯金額を調べて他人と比較する意味なんてないし自己満にすぎない

もしこれを読んでいる方で、自分の給料は周りよりも高くて他の30代、40代の平均貯金額よりも多いという理由で心の中でガッツポーズしているなら、そんなところで自己満に浸っているなんて勿体ないと思うわけですね。

先程も言ったように会社員での収入って、副業でもしてない限り年収2、3千万円ぐらいが限度です。そうした人のほとんどは役員クラスだったり、歩合制などで大きい結果出している人達がほとんどだと思います。

ただこれが会社経営者になると年収2、3千万円ぐらいなんてザラにいます。

不思議と会社員で年収2、3千万円貰っているとエリートとか神みたいな扱いなのに、会社経営者になって年収2、3千万円になったとたんに、ただの平民みたいなもんです。

会社員時代なんて億万長者ってごくごく僅かな一握りの遠い存在だったのが、会社経営者になっていざ周りを見渡してみると意外と多いんんだなってことに気づくと思うのです。

なのでせっかく30代、40代の会社員の独身や夫婦の平均貯金額を上回っているなら、きっとあなたは仕事のできる人材だと思うんですね。

だったら今の収入やポッジションで満足せずにもっと上を目指していくのがよりいい未来を作っていけるはずです。

30代、40代の会社員の独身や夫婦の平均貯金額を調べて貯金を続けたとしてもお金の価値は減っていく

ここまで聞くとやっぱりより多くお金の貯金を持っていることが安心なんだとそう考えている人もいるかもしれません。

ですが、特に貯金を増やすことに快感を覚える人は、お金を絶対視しすぎないように注意したほうが良いです。

なんでかと言うと、お金というのは時間の経過と共に、なくなりやすい性質があります。

例えば分かりやすいところだと、普段の生活の中であらゆる税金や手数料などによってお金は奪われていきますよね。日本の場合は各種税金の他に自分が亡くなった際に一定の額以上には相続税が課せられます。また銀行ではお金の引き出す際に毎回手数料が取られます。この辺は日常のことなので分かると思います。

ただ普段あまり気づかないことで言うと、私達が普段使っている日本銀行券のお金というのは年々価値が下がっています。つまりた貯金しているだけでは、その間にお金そのものの価値がどんどん下がっていきます。実際にどれくらい価値が下がっているのか調べればすぐ分かるので検索してみてください。

また過去の歴史から考えてハイパーインフレや預金封鎖などがもし起こったら?を考えると銀行口座の預金残高が他人と比べて多いか少ないかを比較してガッツポーズしている場合じゃないなと思うわけですよね。

もちろん生活する上での必要最低限の預金は持っておくほうが良いのですが、預金しておく以外にどんなことをしておくべきなのか?それは「将来的に価値が減らないもの」「価値が上がり続けるもの」への投資がいいと思います。

将来的に価値が減らないものや価値が上がり続けるものはどんなものか?

ここでは全部話せないので今回は、「将来的に価値が減らないものや価値が上がり続けるもの」の中でもダントツにお薦めの1つをお話したいなと思いますが、それは「スキル」への投資です。

特に自分のスキルアップのために過去に数百万円以上を使ったことがないのであれば、下手な投資先にお金を突っ込む前に、本でも講座など何でもいいと思うのですが、スキルへの投資が圧倒的に多いリターンを生んでくれるはずです。

お金持ちが多いとされるユダヤ人たちは昔、繰り返される迫害の中を流浪の民として生き抜いてきましたが、国を追われながらも大事にしてきたのは、人に盗まれることのない“頭脳”だったとよく言われますね。

1つでも強みとなる武器を身につければそれがお金を生んでくれるきっかけになる可能性があります。

マーケティングを学んでインターネットビジネスに活かすのもいいし、プログラミングを学んで新しいサービスを作ってみるのもいいし、料理を学んで料理に関する動画を作って、ついでに編集技術を学んでみたり。

自分の好きなことや興味のある分野でいいと思うので、預金通帳を増やすことに必死になっているより、あなたの資産を増やし続けてくれるスキルに投資していくことが重要です。

私のブログにも一生使える普遍的なスキルを教えてますので気になる記事があれば読み込んでみてください。

今回紹介した「スキル」以外の、具体的な将来的に価値が減らないものや価値が上がり続けるものの具体的な内容に関しては、メルマガやLINEで気が向いたらこっそり配信して教えていきます。

このブログだけでは話せない
インターネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE公式アカウントで配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@netbiz」で検索するか
下のボタンから追加すれば
1000万円相当のプレゼントを
すぐに受け取れます。
友だち追加

最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓