ストーリーテラーを語って読者の共感を得るのがネットビジネス成功の鍵 | インターネットビジネスで自由を手に入れる成功への道

ストーリーテラーを語って読者の共感を得るのがインターネットビジネス成功の鍵

ネットビジネスでストーリーテラーを語って読者の共感を得るスキルアップ

Masakiです。

今回お話する内容は、これからインターネットビジネスで情報発信をしながら成功していく上で、一番重要になるかもしれません。

長くインターネットビジネスで成功し続けるには、ファンとの関係を長く保たなければいけません。

その秘訣になるのが「ストーリーテラー」になるわけなんですが、

簡単にいうと、人に共感してもらうストーリーです。

ここで質問なんですが、ネコっていますよね?

私も好きな動物の1つなんですが、よくペットとして飼われている可愛いネコ。

ネコが好きな映画ってなんでしょうか?

知ってますか?

実はネコが出演している映画なんです。

自分たちと同じものが好きなんですね。

これは人間も一緒です。

人間が恋愛ドラマを見たり、映画で人間と人間のドラマを描いたサスペンスや感動ストーリー。

人が一番興味あるのは人なんですね。

インターネットビジネスでの成功の秘訣はストーリーテラーを語れること

つまりインターネットビジネスに応用してみるとどういうことかと言うと、何かしらあなたのブログやメルマガ、ブログなどで情報発信する際に、あなた自身のストーリー。

つまり経験談などが描かれていると、人はそこに興味を持って共感してくれるわけです。

ではこのストーリーテラーをこれからインターネットビジネスに応用する際に、どういった使い方をすればいいのか?

それには2つのテクニックがあります。

具体性を盛り込んだストーリーテラーを語る

まずストーリーテラーを語る上で大事なのが「具体性」を盛り込むことが大事になります。

例えばどういうことかということ、

「私はインターネットビジネスで成功しました!」

これだと意味は伝わるけれど、

一体何で成功したのか?
どの分野で成功したのか?

詳細がよく分からないわけです。

「元、月収12万円の貧乏だったサラリーマンが、ブログアフィリエイトで1億円の収入を手にした物型」

このように数字を入れたり、具体的に書けば書くほどさっきよりも伝わりますよね。

なんとなく頭でも、イメージできたと思います。

神話の法則に基づいた英雄(ヒーロー)物語を盛り込んだストーリーテラーを語る

そしてもう1つストーリーテラーを語る上で大事なのが、英雄(ヒーロー)物語を語ることです。

ようするに古い世界から新しい世界へと変わっていくまでのストーリーを、そこに入れ込むということです。

先ほどの、

「元、月収12万円の貧乏だったサラリーマンが、ブログアフィリエイトで1億円の収入を手にした物型」

これも古い乗り越えるべき自分がいて新しい自分が乗り越えるまでのストーリーがこの1つの1文を見ても想像がつくと思います。

これは、ビジネス全般に限らずお店のネーミング、商品についてなどあらゆるところに応用できます。

ですのでインターネットビジネスでも縁の長い付き合いを持つファンをもっとたくさん増やしていくには、単純に結果だけを提示するだけでは熱心なファンは囲うことはできません。

最初に言ったように人が最も興味あるのは「人」なんですね。

よく時価総額の高い企業がCEOを引き抜く時、またベンチャー企業に資金を投資する時、

高い権限を持った人間であればあるほど、その人間力を見抜いて判断するといいます。

このように今回ストーリーテラーについて人に共感してもらうために大事な事をお伝えしました。

じゃあ、このストーリーテラーをインターネットビジネスでブログに書いたり、情報発信するのにいきなりは難しいと思います。

これにもある程度ストーリーを語る訓練が必要になります。

対談形式、会話形式でストーリーテラーを語る

人間というのは人の会話を盗み聞きしたいもの。

コンテンツを作る際も、どちらかと言えば、1人で話す情報コンテンツよりも、誰かと誰かが対談している動画を見たり、1対多の会話を見ているほうが価値を感じやすいんですね。

これはブログやメルマガでのコピーライティングでも使えるテクニックなので、

インターネットビジネスで反応率を高める5つのコピーライティングテクニック
Masakiです。 インターネット上でビジネスをする以上、人は画面の文字を見て、購買の決定や、選択をするわけで、それを意思決定してもらうための1つの手段として重要になるのが、 「コピーライティング」 のスキルになります。 ...

も合わせて参考にしてみてください。

インターネットビジネスで情報発信する際のストーリーテラーを磨くには何から学べばいいか?

例えば映画、本、アニメ、ゲームそういった所からも学べます。

世界はグーグル、アップル、アマゾン多くの大企業にプラットフォームを取られてしまっていますが、日本において唯一ダントツに最強であると言えるのが、コンテンツ産業です。

海外でも日本のアニメは
ドラゴンボール、
ドラえもん、
ワンピース、
ポケモン、

人気は言うまでもないですね。

だから日本人はもともと、このストーリーを語る技術は上手いと思うんです。

特にその中でも小説のストーリーというのは文字のコピーの力だけで、その具体的な情景が思い浮かぶほど、書かれているわけですよね。

村上春樹さんとか有名方もいますが、私も昔はあまり小説というジャンルは読んできませんでした。

なんとなく根暗っぽいイメージがあって…

しかし、このストーリーテラーの概念を知ってから、コピーライティング力を身に付けるためにも、ストーリーのスキルをアップするためにも、積極的に読むようになりましたね。

写経もしてみるとよりスキルアップに繋がると思います。

というわけで今回、インターネットビジネスでのストーリーテラーの手法を使った、共感を得るためのテクニックを紹介しました。

インターネットビジネスで長期的視点を持って活動してい上で重要な要素です。

是非あなたのブログやSNSでの情報発信、またセールスレターを書く際のストーリーを取り入れて見て下さい。

さらに深いマーケティングテクニックを知りたい場合はこちらも合わせてご覧ください。

https://new.socialshare.jp/netmarketing

このブログだけでは話せない
インターネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE公式アカウントで配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

⬇LINE登録で1000万円相当の無料プレゼント⬇
✅インターネットビジネスで10年稼ぎ続けるスキルアップコンテンツ
✅コンテンツ販売、アフィリエイト、ブログ、マーケティング、ライティングなど500本以上
✅MasakiのYouTubeやブログの最新の更新情報をいち早く受け取れる
LINEで「@bizmasaki」で検索するか
下のボタンから追加すればすぐに受け取れます。
友だち追加

最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました