ネットビジネスで反応率を高める5つのコピーライティングテクニック | インターネットビジネスで自由を手に入れる成功への道

インターネットビジネスで反応率を高める5つのコピーライティングテクニック

スキルアップ

Masakiです。

インターネット上でビジネスをする以上、人は画面の文字を見て、購買の決定や、選択をするわけで、それを意思決定してもらうための1つの手段として重要になるのが、

「コピーライティング」

のスキルになります。

このスキルは今後、いくら時代が進んで、テクノロジーが発達しても、一生不変的なスキルであり、私自身も磨き続けようと思っています。

今日はそこで初心者でもすぐに反応率を高められる、コピーライティングのテクニックをいくつか紹介したいと思います。

刺激的な強力な単語を使うことでコピーライティングの反応を高める

これはブログやSNS、セールスレターすべてに当てはまることですが、言葉というのは同じ意味を持った単語でも全くパワーが違います。

例えば、

「あなた!昨日、六本木のキャバクラから出てくるのを見ましたよ!」

「あなた!昨日、六本木のキャバクラから出てくるのを目撃ましたよ!」

前者よりも後者のほうが、相手から言われた時にビクン!

とすると思うんですね。

他にも

「あなたは、4年前のあの時のことどう思ってた?」

「あなたは、4年前のあの時のことどう感じてた?」

これに2つも言ってることは同じようでも、返ってくる返事は、後者のほうが、より相手の深い気持ちの答えをもらうことができると思います。

このように、同じ意味を持っても相手に強烈な言葉で伝える事で、より感情の高い反応が取れます。

常に、この強力な言葉を使う意識を自分の情報発信で持ってみてください。

数字を使うを使うことでコピーライティングの反応を高める

人間はより具体的な文章にすることで、イメージしやすく、理解しやすいそういった性質があります。

例えば

「インターネットビジネスで稼ぐ方法をあなたに教えます!」

よりも

「インターネットビジネスで1ヶ月以内に月10万円稼ぐ方法をあなたに教えます!」

のほうが、分かりやすいように数字を入れることでより伝わりやすくなります。

さらに0~9ある数字のどれを使うかでも、反応率をさらに高める方法もあるのですが、それについてはまた別な機会で、数字に隠された秘密テクニックを教えたいと思います。

ストーリーを語ことでコピーライティングの反応を高める

次に、ストーリーを語ることで反応を高める方法です。

実体験からカンタンな例を出してみたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日、最近流行りのネットサービスのAirbnbで、タワーマンションを利用したのですが、シャワーを浴びようとした所、ホストの20代の女性の下着が上下とも干しっぱなしでした。

すぐに自分で気づくだろう。

そう思っていたので、私は知らんふりをしていました。

次の日もなぜか、気さくに平然としていた彼女の下着は干しっぱなしでした…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

というように、

実際にあった出来事を鮮明に文章に盛り込むことで、読み手は惹きつけられます。

こういったストーリーを語るためのスキルアップに関してはストーリーテラーを語って読者の共感を得る方法を熟読してみて下さい。

ストーリーテラーを語って読者の共感を得るのがインターネットビジネス成功の鍵
Masakiです。 今回お話する内容は、これからインターネットビジネスで情報発信をしながら成功していく上で、一番重要になるかもしれません。 長くインターネットビジネスで成功し続けるには、ファンとの関係を長く保たなければいけません...

ひらがなやカタカナを入れることでコピーライティングの反応を高める

漢字ばっかりの辞書を渡されてそれを読めと言われても、疲れるし、眠たくなるし、読む気も沸かないですよね。

これを結構、普段のブログやSNSの投稿でやってしまいがちの人が多いのですが、

例えば

「珊瑚礁の綺麗な海岸沿いで寛ぎながらPCの仕事をしています」

確かに読めばわかるけど、

こういった漢字を頭の中で絵にしてイメージするにはちょっとむずかしいですよね。

これを、ちょっと変えると

「エメラルドグリーンのビーチでピチャピチャと足音をたてながらPCでカタカタと仕事をしています」

このように同じ景色、同じ状況でも、ちょっとカタカナで動きを加えたり、色や情景がイメージしやすい表現に変えるだけで、相手が想像する情景もガラリと変わってしまうわけですね。

かぎかっこを使うことでコピーライティングの反応を高める

最後にもう1つテクニックとしてかぎかっこを使うというものです。

先日このような質問がありました。

「Masakiさん、

最近コピーライティングについて本を読んで勉強しているのですが、なかなか上手く書けません。

どうすればいいのでしょうか?」

「とにかく毎日書く習慣を付ける事です」

「なるほど、毎日書くクセを付けるんですね!」

このようにかぎかっこを使って会話調にすることで、より読み手にとっても入りやすく、理解しやすいようになります。

また、その伝えたいメッセージの中でも重要な時というのは、

『コピーこそが最大の資産である』

というように、二重かっこを使ってあげることで、

重要性を伝えることができます。

というわけで、

反応率を高めるコピーライティングテクニックを今回お伝えしました。

さらにコピーライティングまとめでも様々なテクニックを公開してますので、合わせて読んでみてください。

インターネットビジネスで人を動かすコピーライティングテクニック
インターネットビジネスにおけるブログ、メルマガ、セールスレター、SNSなどにおいてのコピーライティングスキルを向上させて、人を動かし光を与える究極のスキル。 第1回 インターネットビジネスでブログって何を書けばいいの? ブログを書き...

このブログだけでは話せない
インターネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE公式アカウントで配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

⬇LINE登録で1000万円相当の無料プレゼント⬇
✅インターネットビジネスで10年稼ぎ続けるスキルアップコンテンツ
✅コンテンツ販売、アフィリエイト、ブログ、マーケティング、ライティングなど500本以上
✅MasakiのYouTubeやブログの最新の更新情報をいち早く受け取れる
LINEで「@bizmasaki」で検索するか
下のボタンから追加すればすぐに受け取れます。
友だち追加

最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました