Masakiです。

インターネットビジネスをやってきて、
ここ数年で嬉しいことがありました。

それはなにかというと…

日本以外に住む、
クライアントを持つようになったこと。

厳密に言えば、
海外に住む日本人もしくは、
日本語が流暢なな外人のクライアントが
少しずつ増えてきたことです。

パッと思いつくクライアントでも
韓国、イタリア、ベトナム、オーストラリアなど。

遠く離れた国からも、
こうして繋がって関係を持てるっていうのは
とても素晴らしいこと。

これまでそういった人と関わって
どういった人が多かったのか少し紹介します。

海外に留学中にネットビジネスを始めようとする若者のクライアント

これは比較的、
大学在学中だったり、
大学卒業後に留学した若者が多かった。

「なんでネットビジネスやろうと思ったんですか?」

って聞いてみると、

「就職しないで自分のやりたいことをしたい」

「もっと世界中回りながら楽しく生きたい」

こういった意見を持つ学生も多かった。

やはり感覚的に、
今の学生の若い世代は
何年も前に比べて就職することに
疑問を感じる学生が多くなったと思う。

SNSやスマホが普及したことで、
インターネットで稼ぐ人達の
情報発信も目に止まらないわけがないし。

ましてやユーチューバーという
1つの新たな職業がでてきたら、
インターネットで稼ぐ方法を探る若者も
どう考えても増えている。

この流れは止まらないし、
勘のいい若者ならとっくに、
やり始めているでしょう。

実際見ていると
ネットビジネスで大金を稼いでセミリタイア!
とまではいかなくても東南アジアなどの
物価の安い国などを好む若者も多い印象があります。

ブログでアフィリエイトして
月に数万から数十万円の稼ぎでも
プール付きの家で悠々自適に作業。

これもこれで海外の友達も作れるし
人生のいい経験になりますよね。

海外での仕事では収入が少なくネットビジネスに取り組み始めたクライアント

またその他にも、
海外で独立して現地でビジネスするも
このままだとマズい状況になった。

旦那さんが外国人で日本語できるが
その国の言葉がわからないので、
海外から日本に向けてビジネスをしたいなお。

こういったケースは、
既に移住している方に多かった印象です。

日本って大体1億人居て、
日本語でビジネスできますよね。

だから、

日本人→日本人

を相手にした
ビジネスだけでもそれなりに
人口いるから儲けやすいんですよね。

しかも、

外人→日本人

って日本語知らない人が多いから
参入しずらいんですよね。

だから日本人であるのは
生まれたときから得してます。

お隣の韓国だとどうでしょう?

韓国は人口が約5千万人。

これだと韓国人だけに
ビジネスを行うのは市場が
小さいわけですよね。

だから韓国はエンタメなどにおいて
海外を意識しているため、
日本よりも世界で人気ありますよね。

流れとしては、
日本人ももっと世界で活躍しないと!

なのかもれませんが、
全員が全員そうはならない。

やはり日本人が日本人相手の
ビジネスをするっていうのは
とても堅い感じだとは思いますね。

そういった意味で海外に移住してても、
生活に困っているぐらいなら、
日本人相手にしたネットビジネスを
始めるのはいいと思います。

あなたのLINE@のリスト登録率を向上させるバナー画像作成します

「アフィリエイトだけ」では海外に住むクライアント達と繋がれなかったかもしれない

ネットビジネスをやっていて、
クライアントと深く繋がれる時って

「アフィリエイト」

だけで稼いでいるうちは
少ないんじゃないかって思うんですね。

なぜかと言うと、
アフィリエイトはあくまで
仲介者なので深く繋がれるのは
どちらかというと販売者。

(アフィリエイトでもリスト獲得して
販売者並に深く繋がれる方法も教えてますが)

なんかネットビジネスで
アフィリエイトをはじめて、
一生誰とも関わらずに黙々とお金を稼ぐ…

これってなんか暗いじゃないですか。

人生的に。

もちろんお金を稼ぐのは当然として、
相手に商品を買ってもらって、
喜んでもらえてたらよりいいですよね。

じゃあそれってどうすればいいのか?

やはりネットビジネスにおいては
情報販売などして自分の商品を持つことが
1つ大事になってくると思うんですね。

アフィリエイトと違って、
ちゃんと顧客リストも取れますしね。

そうすればお金を払ってくれた
自分のクライアントが、どこに住んで、
どんな顔していて、何の仕事していて、
どんなことで悩んでいるのか?

アフィリエイトを実践してきただけでは
なかなか見えてこなかった部分が、
見えやすくなるわけですよね。

多分私自身もアフィリエイトだけでは
商品を買ってくれたクライアントが
どんな人なのか?

わからないままだったと思うし、
今回お話している海外在住者の
クライアントなどとも関わる機会は
なかったんじゃないかと思います。

(とは言っても日本在住者の方も大事だけど)

タイに海外在住するもバイナリーやせどりで挫折して信頼できる先生と出会いたい

ネットビジネスはアフィリエイトだけでなく独自の情報販売を行うことをお薦めする意図

私のクラブやコンサルティングでは、
長く関わっていきたいと思っているが、
最終的に自分の力だけで稼いでいくことを
おすすめしている。

よくクラブ生やコンサルティング生に

「自分で商品作るんですか!」

と驚く人もいる。

それはそのほうが単価も高いし、
他人にコントロールされないし、
長期的にビジネスをしやすいし。

こういった理由もあるけど、
先程お話したように実は、

しっかりと成長して、
自分の商品を作って販売して
お金を受け取って

クライアントから感謝されるようになってほしい
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

肝心の本編で一度も
言ったことがなかったけど、
こうした意図もあることを
覚えておいて欲しいなと思います。

ペイパルの決済システムを使ってネットビジネスの情報販売や継続課金システムをはじめよう

ネットビジネスは田舎や都会に住んでいても海外の在住者などをクライアントに持てる素晴らしい仕事

インターネットなかった時代は
商売する商圏って凄く狭かったと思うんですね。

小さい頃、年寄りのばあちゃん、
じいちゃんがやってるような、
駄菓子屋とかって商圏は近所だけじゃないですか。
(今も生きてるかな?)

それがインターネットビジネスなら、
田舎や都会に住んでいながらも、
日本国内はもちろん国境をまたいで、
ビジネスを行うことができる。

私が始めてインターネットに触れた
小学生だった頃はまさかこんなにも
凄い時代になると思ってなかった。

今ではテクノロジーの発達によって
仮想空間で遠くにいながらも、
より近い距離にいるかのように、
相手とコミュニケーションも取れる。

この先の時代は、
言葉の壁もなくなりつつあるので、
今以上に国境を超えたビジネスが
当たり前になってくるでしょう。

ネットビジネスを田舎と都会と海外移住してやる上でのそれぞれのメリットとデメリット

海外在住者の日本人が在宅でネットビジネスの仕事をするのに必要なものは?

もしかすると
海外在住者の日本人が、

「このまま海外に住み続けたい」

「在宅しながらインターネットで仕事できないか?」

探している人もいると思う。

そこで最低限これから、
ネットビジネスをやっていくには
日本の銀行口座はあるなら持ってたほうが
やりやすいとは思います。

インターネットビジネスを始める人にお薦めするネット銀行の開設

またクレジットカードに関しても、
やはり作れるなら持ってたほうが便利。

インターネットビジネスを始める人にお薦めするネット銀行の開設

このネットビジネス業界では、
海外に移住して行っている人も
わりと多いためかASPによっては
海外の銀行に対応しているところもある。

信頼できる無料オファーアフィリエイトセンターASP一覧

というわけで、

ネットビジネスは日本に居ながら、
海外在住者と繋がるのも楽しいし、
海外在住者が日本人と繋がって、
ビジネスするのも楽しいと思います。

このブログだけでは話せない
ネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@masakibiz」で検索するか
下のボタンから追加することで1000万円相当の
プレゼントをすぐに受け取れます。
友だち追加

Instagram


最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓