インターネットビジネスで成約率(コンバージョン)を高め売り上げアップする方法

インターネットビジネスで成約率(コンバージョン)を高め売り上げアップする方法
Masakiです。

今日は成約率について。

インターネットビジネスをしてるなら
今よりももっと売上を増やしたいですよね?

仮に、この商品はだいたい何人に一人が
買ってくれるというのを把握していれば、
どれだけビジネスはラクになりそうですか?

ネットビジネス初心者で気をつけたいのが

とにかくアクセスを集めよう、
フォロワーを集めよう、友達を増やそう、
数だけ増やそうと思ってしまいがちです。

確かにそれも大事な要素ではあります。

ただ、もっと大事なのが、
その集めている人たちは果たして
見込み客になりうるのか?

という部分です。

例えばツイッターのフォロワーが
botばかりだったら、

いくら100万人フォロワーがいようと
一人も成約には至りません。

Facebookにしても友達申請している相手が
ただのサクラの綺麗な女だったら意味がありません。

つまりあなたの欲しい見込み客に響く
メッセージを情報発信で伝えていない限り、
非効率という事です。

成約率(コンバージョン)って何?どうやって上げるの?

そこで意識するべきなのが

「成約率」になります。

英語で「conversion(コンバージョン)」
とも言います。

ようするにこの成約率(コンバージョン)を
上げることで、あなたの売上アップに繋がるわけですね。

じゃあ、この成約率(コンバージョン)を
具体的にどうやって上げるのかというと、

それには限定性、権威性、ストーリー性など
様々なわけですが、

詳しくは
ネットビジネスマーケティングでも
そういった要素を教えているので
学んでみてほしいと思います。

成約率(コンバージョン)を測るための公式とツール

この成約率ってどうやって図るのかというと、

アクセス÷購入数や問い合わせ数=成約率(コンバージョン)

となります。

もしあなたのブログで自分のアクセスを
知ることができるのであれば、

是非この公式に当てはめ自分の
成約率(コンバージョン)を知ってほしい。

もし、まだ自分のサイトやブログの
アクセスの計測を知ることができてないのであれば

「グーグルアナリティクス」という
グーグルが提供している無料で使える
素晴らしいツールがあります。

アクセスの計測どころか、驚くほど
細かい所まで計測することができるので
それを使ってみるといいです。

成約率(コンバージョン)を測るのに最も重要視すべき場所

ここまで成約率が大事なのは分かった。

けど、一体どの成約率を測れば良いのか?
疑問になってくると思います。

ここではDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)
を軸に教えていきますが、

成約率を測る際に
特に重要な所が3つあります。

その3つというのが

1.オプトインページ

2.フロントエンドのオファー

3.バックエンドのオファー

それぞれの用語の意味などについては
先ほどの「DRM」から知ってほしいと思います。

このオプトインページ、
フロントエンドのオファー、
バックエンドのオファーの成約率
=あなたのビジネスの全体の売上

ということになります。

実はこの成約率のたった数%が
ビジネスの売上の数字に大きく響きます。

私もネットビジネスをはじめた最初は
アクセスさえ集めて反応みてればいいだろう。
ぐらいにしか思ってなかったのですが、

マーケティングを学んでいく中で、
1つ1つのコピーの文章の重要性だったり、
メッセージの伝え方で全く結果は変わってくるんだな。

1つ1つ検証を繰り返して、失敗しながらも
その重要性に気づいてきたわけです。

なのでもし、あなたが、

ほったらかしでラクして稼ぎたいな〜

自動化して寝てる間も稼ぎたいな〜

なんて思いがあるのであれば、
それは何も実現不可能な事ではありません。

ただ、それには緻密な成約率を高める努力を
行った先に結果として実現することができます。

私のメルマガではネットビジネスで
稼ぐためのテクニックや思考を
発信しています。

無料ですのでまだの場合は
こちらからご登録下さい。

友だち追加数


コメントを残す

cyousen
*メールアドレス
*お名前(姓)