常にモチベーションを最高にしてアフィリエイト、情報販売を制す方法 | インターネットビジネスで自由を手に入れる成功への道

常にモチベーションを最高にしてアフィリエイトやコンテンツ販売を制す方法

マインド

どうもMasakiです。

これを読んでいるあなたはインターネットビジネスに参入して、

アフィリエイト、コンテンツ販売、コンサルティングなど何かしら実践しているかもしれません。

ただ日々こういった事をビジネスにしていく中で、

「今日はモチベーションが上がらないな」

という日も、ありますよね?

私の話をすると、自分自身のモチベーションに関してのコントロールは比較的できる方なのですが、他人や物理的なものによって感情が下がってしまう事も稀にあります。

例えば

・マイナスな発言を言われたり耳にした時

・仕事のPCが原因不明のエラーを起こした時

・不健康な食事している人を目にした時

他にもありますが

こういったことが自分にとっての感情が下がるマイナスポイントです。

だた、こうやって感情が揺さぶられて落ち込んだりした時に、自分のパフォーマンスをプラスへ転換させ回復させる方法があります。

モチベーションをマイナス感情からプラスの感情に転換する方法

一体どうしているか?

例えば

「この状態のまま仕事を続けても良くないな」

と感じた時は

いつまでも、この状態を続けていても時間がもったいないので、

私であれば、

・新鮮な水や野菜ジュースを飲む

・一旦睡眠を取る

・手を止めて本や音声を読む

・シャワーを浴びる

これらをすればだいたい回復する事が自分でわかっているので、すぐにこういったことをやり始めていい状態に切り替えます。

この自分自身の感情をコントロールを上手にできるようになる事で常に一定のパフォーマンスを保つ事ができます。

自分でも普段の生活をしている中で、これをするとプラスの感情になるなというものを思い出して見て下さい。

そもそもの話ですが、成功するかそれとも、何も変わらない人生を歩むか、これらは感情のコントロールが上手くできるかが重要になってきます。

インターネットビジネスの成功の秘訣は感情のコントロールにある

「あのサイトを見てから取り掛かろうかな」

という短期的な欲求を抑えて、今はインターネットビジネスに集中しよう。

と感情をコントロールできるか。

「ちょっと眠いから明日にしようかな」

という欲求を少し抑えてもうひと踏ん張り作業をできるかどうか。

「今日はストレスが溜まっているから」

と言って不健康な食べ物をバクバクと食べる所を抑制できるかどうか。

すべて感情のコントロールです。

感情の針が左に行ったり右に行ったり、不安定なほどこういった意図しない欲求に負けてしまいがちです。

ですので、

まずインターネットビジネスで成功する環境を整えるには、感情をブレさせない環境を作る必要があります。

電話やメールの通知の音で仕事が中断する事が多いのであればスイッチをオフにしておく。

マイナスな発言が多い友人が周りにいるのであれ必要最低限だけ関わる。

常に清潔で仕事ができる環境にするために汚い部屋をまずは片付ける。

こういったマイナス的な感情を持たせる要素を1つ1つ潰していくことで、かなりプラスな感情に転換させる事ができます。

もしあなたがインターネットビジネスに取り組んでいて、アフィリエイトやコンテンツ販売で望む結果が出ない場合、実は些細なこういった所に原因が潜んでいる可能性もありますので気をつけてみてください。

このブログではより成功へ近づくためのマインドセットを発信しています。

ぜひ合わせて読んで見て下さい。

インターネットビジネス成功マインドセット編
実は各項目の中で最も重要なのがこのマインドセットです。 マインドセットはあなたが迷った時、悩んだ時 正しい方向へと連れて行ってくれます。 このマインドセットを行動に移して マスターする事で成功回避不可能な状態へ あなたを進...

このブログだけでは話せない
インターネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE公式アカウントで配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

⬇LINE登録で1000万円相当の無料プレゼント⬇
✅インターネットビジネスで10年稼ぎ続けるスキルアップコンテンツ
✅コンテンツ販売、アフィリエイト、ブログ、マーケティング、ライティングなど500本以上
✅MasakiのYouTubeやブログの最新の更新情報をいち早く受け取れる
LINEで「@bizmasaki」で検索するか
下のボタンから追加すればすぐに受け取れます。
友だち追加

最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました