Masakiです。

インターネットビジネスをしていれば、
中には海外のサイトを利用する人もいるでしょう。

例えば海外のサイトの
サービスを購入したり、
ショッピングサイトを利用したり。

その際に場合によっては
自分の住所を書く時ってあると思うんです。

今回はそんなときに役立つ、
「judress」というツールについて。

日本語住所入力に対応してない英語サイトも多い

特にネットビジネスで
物販系のビジネスなどしている人は、
輸入や輸出などやっていれば、
海外のサイトを使う人も多いのでないでしょうか?

サイトによっては、
海外のサイトでも日本語の住所登録でも
大丈夫なサイトもありますが、
そうでないところも結構多いです。

そうなると全部英語入力なので
特に住所が長いマンションやアパートなどに
住んでいる人は結構記入に迷う人もいるでしょう。

もし誤って記入して
商品が届かなかったり、
未登録のままになったら大変ですからね。

英語Addressは日本住所と逆の書き方になる

また英語住所の入力で分かりにくい所が、
日本と違って逆から記載する所です。

日本なら、

日本
→◯◯県
→◯◯市
→番地
→0−1−2

のような順番ですが、

アメリカなどの場合、

番地
→アパートナンバー
→市、州、郵便番号
→国名

となります。

人によっては、
こうした英語入力で挫折して
諦めてしまうケースもあるでしょう。

日本の住所を英語Addressに変換してくれるツール「judress」

そこでおすすめするのが、
judressというツールです。

このように自分の郵便番号を入力して
番地、建物名等も入力します。

最後に「実用的に変換」を押せば
自動的に英語表記の住所に
変換してくれます。

ぜひ今後海外のサイトなど
活用する際には利用してみて下さい。

ネットビジネスの物販で稼ぐ

メルマガやLINE@では、
こうした得するサイトや、
秘密のサイトも定期的に配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@masakibiz」で検索するか
下のボタンから追加することで1000万円相当の
プレゼントをすぐに受け取れます。
友だち追加

Instagram


最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓