ユーチューブチャンネルの削除を事前に防ぐ為に必要なコト

generate-ideas-youtube-video

どうもMasakiです。

ユーチューブの規約では

1回目の違反は警告が行われ
また6か月間に2回違反すると、

そのチャンネルから2週間はユーチューブに
新しい動画を投稿できなくなります。

その後問題がなければ2週間後に
チャンネルは回復されます。

3回目の違反ではアカウントが警告の期限が
切れる前に3回目の違反警告を受けると、
そのアカウントは停止されます。

ユーチューブの動画をアップして
2回違反にあうと、アウトになります。

つまりチャンネル削除ということですね。

理不尽にもいきなり削除というケースも
これまでトップユーチューバーの方や
ネット起業家を見てきてもありました。

そこで、どうすればこういった事態を
できるだけ避けて、チャンネル削除という
最悪のケースを避けることができるのか?

それについてお話していきたいと思います。

ユーチューブチャンネル削除対策として過激な内容は避ける

まずアップする以前にユーチューブ動画を
作成する時点で気をつけるべきことがあります。

それは削除されやすい動画にしないこと。

当然アダルト系や暴力的行為とみられる
(みられやすい)ものは違反となります。

また誹謗中傷的な過激発言も気をつけるべきですね

そしてテレビの内容をそのまま使ってテレビ局から
直接訴えられその結果、違反というケースもあります。

また特にビジュアルで売っているアイドルなどを
アップすると違反になりやすいようなので、
最低限として今言った部分は守るだけで
かなりチャンネル削除のリスクは減ります。

またこういったことに触れてないのに
チャンネルが削除されたというケースも多々あります。

その場合はアカウントから警告に異議を申し立てる
をすれば復活するケースもあるようなので、
やってみる価値はありそうです。

ユーチューブチャンネル削除対策としてタイトルに気をつける

そしてもう1つはキーワードタイトルを気をつける

動画の内容と同じく、タイトルも誤解を招く内容
偽りの報道の内容は気をつけないといけません。

とくに特定の誹謗中傷を含んだタイトルは速攻で
違反とみられることがあります。

確かにタイトルを非道徳的にすることで
アクセスが集まり再生回数は伸びやすいかもですが
チャンネル削除のリスクを犯してまでやる必要は
ないですよね。

長期的にそのユーチューブチャンネルを
育てていくんであれば無難なタイトルに
収めておくことが良いです。

こういった対策をいくらとっても
ユーチューブアカウントは結局グーグルの
手元の中にあるものですから、

異議を申し立ててチャンネルが復活すれば
いいですが、育てれば育てるほど、
そのチャンネルが削除されたときの
心理的ダメージが大きいです。

ユーチューブチャンネルが削除される前にバックップを取る

一番の対策としては事前に動画を作成した際に
ファイルとして保存しておくのが良いです。

特にビジネスをやっていて、自分のコンテンツ動画は
資産となりますから、それを一瞬で削除されては
これまで時間をかけて撮影したのも水の泡です。

私自身も自分のチャンネル動画はHDDに
別に保存するようにしています。

そうすることで、万が一自分のチャンネルが
削除されてしまったとしても、またHDDの動画を
新たな場所にアップすればいいだけの話です。

毎回手間はかかるかもしれませんが、
最終的にチャンネルが削除されたショックを
に比べれば大したことじゃないでしょう。

他にもユーチューブに関する
やっておくべき設定や機能に関しては

こちらのページの中の
ユーチューブを使ってお金を稼ぐためのビデオマーケティング
で解説しています。

また私のユーチューブメルマガでは、この他にも
ここでは言えないような、裏情報なども配信してます。

もし、もっと深い部分のテクニックなど知りたい場合は
こちらのフォームに登録しておいてください。

最終更新日2016/5/14

友だち追加数

Instagram


ああああ

コメントを残す

このページの先頭へ