ネットビジネスで間違いやすいメールマガジン登録フォームへの入力ミスとエラーアドレス通知の原因
Masakiです。

ネットビジネスをやっていれば、
ご存知の通り重要なのが、

顧客リストです。

主に管理は

メールマガジン

になると思います。

ネットビジネスの見込みリストメールアドレスの集め方

先日、私の利用しているメルマガ配信スタンドの
マイスピーにアップデートがあり、
メルマガ登録者のスクリーニングが行われました。

その結果…

大量のエラーアドレス通知が。

ネットビジネスで間違いやすいメールマガジン登録フォームへの入力ミス

メルマガ配信スタンドでのエラーアドレス通知の入力ミスの事例

こうしたメルマガ配信スタンドでの
エラーアドレス通知の原因にはいくつかあります。

その中の1つがメールアドレスの入力ミスです。

そこでせかっくなので、
一体どういったメールアドレスの
入力ミスをしているのか調べてみました。

gmeil.jp
(おそらくgmailと打ちたかったのでしょう。aがeになっております)

bmail.com
(bmailとは初耳です。これもおそらくgmailの打ち間違い)

0mel.com
(これはさすがにわかりません)

docom.com
(docomoのoが抜けてしまったパターン)

iicloud.com
(iが2つ)

eweb.ne.jp
(ezwebのzが抜けてしまったケース)

このように些細な間違いから、
考えられないようなミスまで。

メルマガ配信スタンドでのエラーアドレス通知の原因

というわけで、
こうしたメールアドレスの入力ミスの他にも、
エラーアドレス通知の原因はいくつかあります。

メールボックスの容量不足のため受信できませんでした

ネットビジネスをやられていて、
多くの人は無料のメールアドレスを
利用している人が多いと思います。

Gメール、ヤフーなどは割合的に多いでしょう。

こうしたフリーのメールアドレスにも
受信容量というものがあります。

何年も使っていると、
いっぱいになって容量を増やさないと、
受信できなくなります。

こうした時にメールマガジンを配信しても
読者には届けることができず、

「メールボックスの容量不足のため受信できませんでした」

と自分に返ってきて、
不達となってしまうわけです。

受信拒否されました(またはアドレスが存在しません)

次に受信拒否されたパターン。

これは読者側にPCからのメールを
受信拒否されたりアドレス自体が消された場合。

フリーのメールアドレスを
消してしまうということは、
あまりないと思います。

ただ、

例えばメールマガジンに登録したアドレスが
携帯キャリアのメールアドレスだったり、
プロバイダなどのメールアドレスの場合は、
解約と同時に使えなくなってしまった可能性もあります。

各フリーメールアドレスの会社に嫌われないメルマガ配信を心掛ける

情報商材系のビジネスには
よく過激な言葉を使う人も多くいます。

それはなぜかというと、
過激な言葉を選んだほうが、
興味を引いて開封してくれたり、
クリックしてくれやすいと考えているからです。

このブログを読んでくれている方は
そうした情報は無視しているはずですが、
中には情報弱者を狙った輩もいるわけです。

ただ最近のフリーのメールアドレスは、
特にGメールなどは優秀で、
そうした過激な内容を含む配信メールは、
高確率で迷惑フォルダ行きとなっています。

なので興味を引く言葉を変な使い方をすると、
本来メルマガ読者に届けるための目的が、
各フリーメールアドレスの会社に嫌われ、
迷惑判定を受けてしまう可能性もあります。

メールを配信する側も気をつけましょう。

ちなみにお薦めの
メール配信システムなどは、
こちらのおすすめ商材で紹介しています。

ネットビジネスおすすめ商材レビュー一覧

このブログだけでは話せない
ネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@masakibiz」で検索するか
下のボタンから追加することで1000万円相当の
プレゼントをすぐに受け取れます。
友だち追加

Instagram


最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓