マイルドヤンキーから抜けだせ!
Masakiです。

昨日、ある本屋で、
1つの本を手にとって読んでいると

「マイルドヤンキー」という
言葉を目にしました。

ヤンキー?どういう意味だ?

と思いながら調べてみると、

ようするに昔からの中学校や高校から
つるんでいるような仲間たちのことを
言うらしいのですが、

特徴として、

・エグザイルが好き
・地元から出たくない
・ミニバンなどのクルマ好き
・ショッピングモール好き(イオン)
・低学歴で低収入
・ITスキルへの関心が低い
・遠出が嫌いで地元で遊ぶ
・喫煙率や飲酒率が高い

そういった傾向にある人たちを
マイルドヤンキーと呼ぶそうです。

私も専門学校までは特別、
将来ビジネスで成功したいとか、

成り上がりたいとか思ったことは
ありませんでした。

でも、

就職した会社が良かったのか
成功に対して熱すぎるぐらいに
パッションのある大きい企業だったので、

死ぬほど厳しい環境ではありましたが、
どんな辛い状況があっても乗り越える
成功の基盤は鍛えられたと思っています。

「普通の人生で終わりたくない」

そう感じはじめたのはこの頃だと思います。

それでも周りのスタッフや地元の友だちからは
飲みのや遊びに誘われましたが、

基本的に女の子以外の誘いからは
断るようにしていました。

今は楽しくても、後で絶対に苦労すると
なんとなく感じていたからです。

ですので、本を買ったりしても
誰にも真面目に勉強していることが
見られるのがいやで、

こっそりと短い休憩中に本を
読んだりしていました。

当時、自分の仕事の手帳の
一番裏に書いていた夢や目標は、
すべて叶ったと思います。

それは、その他大勢の人が
短期的にラクな方に進む中、

あえて難しいほうに、たった一人で
進んだからだと思います。

あえて、批判もせずに
見守ってくれていたのは

一人で独立することを決意した時
否定も肯定もせずに、小さい頃から
全部を自由にさせてくれた母親。

そして独立する前まで、
ほとんど会話することのなかったのに

亡くなる1ヶ月前ほどになぜか
「社長になれよ」と言ってくれた
おじいちゃんでした。

話はそれましたが、
会社の同僚やスタッフ、
同じ学生の頃の昔の友達って

一緒に居るのも結構ラクだと思います。

それはそうです。

同じ環境で、同じ教育を受けて、
大体同じくらいの給料で働いているわけですから
傷の舐め合いも、情も湧くこともあると思います。

ただし。

ビジネスで成功するためには、
自分の居心地の悪い場所に飛び込まない限り
大きな変化は訪れないと思っています。

友人や同僚から誘いをもらったとき、
断ってしまうと、

「ノリの悪いやつだな」

なんて言われるかもしれません。

でも、その輪の中にいては、
その程度のレベルで終わってしまうという事です。

私も会社を辞めて独立してから
多くの別れも経験してきました。

今までにないような孤独も経験しました。

ただ、1つ言えるのは、
そういう居心地の悪い時こそ
自分が進化しているときであり、

苦しい時こそ、新しい自分に出会える
一歩手前であることをわかっていて欲しいと
思います。

最後まで諦めないで欲しいと思います。

そして、その先に必ず、あなたを待っている
メンターや友人や大切な人が待っているということ。

私もそういった環境やスキルを今後も
どんどん提供していこうと思うので、
共に自由へと頑張っていきましょう。

成功するか、成功しないか、
それは全て自分次第だと思います。

私のメルマガではネットビジネスで
稼ぐためのテクニックや思考を
発信しています。

無料ですのでまだの場合は
こちらからご登録下さい。

友だち追加数