Airbnbで予約した55階のタワーマンションの部屋に実際に泊まってみた | インターネットビジネスで自由を叶える成功への道

Airbnbで予約した東京の高層タワーマンションと海外のコンドミニアムの部屋に実際に泊まってみた感想

サービス

どうもMasakiです。

前回の記事でAirbnbを使ってどのように自分の泊まりたい部屋を探して予約するのか?

Airbnbで宿泊の予約をする方法 
紹介したわけなんですが、

今回はAirbnbで実際に予約したタワーマンションの部屋に泊まってきた感想と模様を伝えたいと思います。

Airbnbで予約したタワーマンションにグーグルマップを見ながら向かう

今回レビューついでにあるタワーマンションにAirbnbで予約して泊まってみました。

価格は約1万円といったところです。

Airbnbを予約すると道案内がグーグルマップで表示されているのでこれなら安心だと思って当日向かいました。

ホストとは事前にだいたい何時頃に着くのか?

Airbnb内でのやりとりをしているので時間に合うように向かいます。

ところが…

普通のホテルとかってだいたい近くにいけばわかるじゃないですか。

大きい看板とかあってその辺に付けばなんとなく、ココか〜なんて着いてしまうわけですが!

盲点だったのが住宅地の密集した中にある感じだったので、タワーマンションが密集していて見当たらない..

タワマンの近くには、タワマンばっかりで、Airbnbに掲載してある1,2枚の外観の写真だけでは特定できず。

グーグルマップならどうにかしてくれると思ったけど、何箇所かタワマンをあたって約20分ほど迷いようやく発見。

事前にAirbnbのホストとのやりとりで場所の名前や泊まる建物の特徴などはちゃんと聞いておいたほうが良いですね。

特に、駅周辺から離れていると結構迷うこと多いようです。

Airbnbで予約した東京の高層タワーマンションの部屋に泊まってみた

ということで実際に予約していた高層タワーマンションにやっと到着。

ホストの方に挨拶した後に、部屋の簡単な説明があり、リビングやお風呂なども自由に使って下さいとのことでした。

とても優しく親切な方で30分ほどホストの方と会話していました。

一応この高層タワーマンション所有者の職業は、どうやら大手の大企業に勤めているサラリーマンの方でした。

話を聞くとAirbnbで他の場所でも何部屋か出されていて収益を出されているようでした。

普通の生活されてる中にいきなり溶け込むという感じだったので、最初は違和感ありましたが、清潔感ある部屋だったのとホストの気配りのおかげでだいぶ馴染めました。

約50階建てのタワーマンションだけあって高かったです。

Airbnbで予約した部屋に実際に泊まってみた

バスにはタオルなども揃えてくれていて、リビング、キッチンも自由に使っていいよという感じでした。

とは言え、宿泊するAirbnbの他の部屋にホストがいると思うと、案外気を遣いますね。

とりあえず早めに寝たかったので、シャワーを借りて浴びてる横で、なぜかブラジャーが干しっぱなしで、

「え、なんで…」

と思いつつ知らん振りして部屋に戻って仕事。

Airbnbで泊まる部屋にはほとんどwifiは付いてます。

中にはwifiルーターを外出に持ち出しOKにしてる方もいます。

バルコニーからは東京タワーとスカイツリーが一緒に見れて綺麗な夜景でした。

Airbnbで予約した部屋に実際に泊まってみた

翌朝、ホストの方にお礼を言って後にしました。

Airbnbではじめて東京の高層タワーマンションを予約して利用してみての感想

実際に使ってみての感想はやはり大事なのはアクセスしやすい場所を選んだほうが良いということ。

基本的にAirbnbは綺麗な部屋を選べば、快適さはホテル並みに感じることはできるのですが、毎回Airbnbでの不便な部分を挙げるとすれば、やはり分かりやすい立地を選ぶことが大事なんですよね。

料金を格安で泊まることを考えると、その場所に辿りつくまでの交通費もかかってきます。

また、最初に言ったようにホストの方に場所や入室方法などについて、きちんんと聞いておくこと。

当日付近についたけど、迷ってからホストに連絡しようと思っても、連絡がつかない状況というのもありますので。

今回は試しに日本で高層タワーマンションをAirbnbで宿泊して使うとどんな感じなのかが利用するのが目的でした。

たしかに初めて会う知らない人の家に泊まるというのは慣れない事かもしれません。

しかし、これが海外の旅先となると海外留学したホームステイの感覚で泊まれるのでもっと楽しいかと思います。

なかなか海外を旅行していても現地の人の生活の中に溶け込むという経験は少ないですからね。

今回はどちらかというと、Airbnbのユーザー視点を目的とした宿泊を行ったのですが、やはり私自身インターネットでビジネスを行っている以上、Airbnbの人気ホストはどうやって、物件を運営して稼いでいるのか?

そういった部分も気になって調査目的で、たくさんの宿泊者ユーザーからの高い評価を貰っている、

いわゆるスーパーホストが運営する物件に宿泊してみました。

Airbnbスーパーホストの物件へ宿泊〜儲けのカラクリ暴露編

これから自分の物件をAirbnbで運営したい方には参考になるかもしれません。

また今回Airbnbに興味を持って自分も世界中を自分の自宅のようにして泊まってみたい。

そう感じたかたは、私からAirbnbに登録すると3000円の割引クーポン付きがもらえますので是非Airbnb利用してみてください。

Airbnbに登録してみる

海外のAirbnbでマレーシアのコンドミニアムにも宿泊してみた

その後、私はパソコンを使ってインターネットビジネスの仕事をしていて、海外に行くことも多いのですが、マレーシアに行ったときにAirbnbも利用してみました。

海外の場合は、タワーマンションという呼び名でなくコンドミニアムという呼び名になると思うのですが、

やはり東京のタワーマンションと比べると、東南アジアのコンドミニアムは部屋が広いです。

こちらも実際に現地でAirbnbで部屋を借りてからチェックアウトするまでの滞在記をお話したいと思います。

まず最初にAirbnbで海外で利用する場合に気をつけたいのが、宿泊する日にちですよね。

海外の場合は時差があるので、そこを考えたうえで予約しないと大変なことになります。

基本的に日本より遠く離れた国は大きく時差が異なる可能性があるので、予約する日にちを間違えないように気をつけましょう。

ってことで、マレーシアに無事到着。

これはマレーシアという土地柄もあるのですが、空港から都心部のクアラルンプールまで結構離れているので、ホストから事前にコンドミニアムまで送迎もオプションで用意しますよという提示がありました。

これってAirbnbの規約上ホスト側がやっていいのか分かりませんが、私としては、マレーシアについてどこにコンドミニアムがあるのか歩き回って探し回るのは大変だと思い、それだったら物件の所有者に送迎も頼んでしまったほうが楽ということで頼みました。

ちなみにこのとき現金払いということでしたが、コンドミニアムまでの送迎の途中で両替所に連れてってくれて、マレーシアのお金に両替しました。

そしてコンドミニアム到着後に、送迎代をホストにお支払いしました。

このコンドミニアムはセキュリティがしっかりしていて、入り口に警備員が数名いました。

以外にもホストの方は背の高い白人の方で、コンドミニアムの使い方を一通り丁寧に説明してくれて、

「あとは帰りに鍵をポストに戻すだけだから自由に使ってね!」

という感じで前回のホストも滞在しているタワーマンションに泊まるのとではだいぶ気楽に過ごすことができました。

マレーシアのコンドミニアムのほとんどはプール付きです。入らなかったけど。

システム的には日本でAirbnbを借りた場合とほぼ同じなので特別戸惑うことはなかったです。

海外の場合はホストが外人なので、Airbnb上でのやりとりや最初会ったときに外国語で応じないといけないぐらいですかね。

ただ外国語が苦手な人はGoogle翻訳なんか片手に会話すれば、相手が何言っているか分からないとき、入力してもらえばいいのです。

ぜひ参考にしてみてください。

海外旅行
「海外旅行」の記事一覧です。

このブログだけでは話せない
インターネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE公式アカウントで配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

⬇LINE登録で1000万円相当の無料プレゼント⬇
✅インターネットビジネスに関するコンテンツを500本
✅LINE限定のお得なキャンペーンを定期開催
✅最新のYouTubeやブログの更新情報をいち早く受け取れる
LINEで「@bizmasaki」で検索するか
下のボタンから追加すればすぐに受け取れます。
友だち追加

最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました