暑い夏で熱くなったMacbook本体を冷やして作業を効率的にしてくれるMacsFanControlアプリ Masakiです。

夏って好きですか?

昔、小学校の頃、
とても田舎でしたので、
エアコンがありませんでした。

唯一あったのは教室の真上にある
ゆっくりとクルクルと回る、
今にも壊れそうな扇風機1台。

それでも暑かったので、
今あるのか分かりませんが、
ノートの下に挟める下敷きで
あおいでた記憶があります。

その頃は当たり前でしたが
今思うとよく耐えてたなと思います。

夏の時期のMACはメモリを消費すると本体が熱くなる

そんなわけで、
夏の暑い日は昔から
あまり好きではありません。

そして普段仕事で使っている
MACも夏の暑さには苦手のようです。

Windowsはあまり長く使ったことないので
どうなのかはわかりません。

ただ毎年MACを利用していて
この暑い夏の時期になると、
半端なく本体が熱くなります。

気温の暑さもあるのですが、
MACからの発熱によって、
こっちまで暑くなる。

そんな事もあります。

特に私の場合、
ブラウザのタブやアプリが
結構開きっぱなしにしています。

動画編集してたり、
ブログ書いていたり、
コンサルティングの対応してたり。

そんな事やっていると
いつの間にMACのメモリも
たくさん消費してしまっています。

というわけで、
どうにかこのMACの発熱を
抑えられる方法ないかなと、
対策方法を調べていました。

MAC本体の熱い温度を下げてくれるアプリMacsFanControl

そこで使いやすかったのが
MACのファンのスピードを制御してくれる、
MacsFanControlというアプリでした。

暑い夏で熱くなったMacbook本体を冷やして作業を効率的にしてくれるMacsFanControlアプリ

もちろん無料で使えるものですが、
簡単に使い方解説します。

ダウンロードして、
ファイルを開いたら、
設定画面にいきます。

こんな感じですね。

暑い夏で熱くなったMacbook本体を冷やして作業を効率的にしてくれるMacsFanControlアプリ

ここの温度batteryMaxのボタンを押します。

そうすると、このようになります。

暑い夏で熱くなったMacbook本体を冷やして作業を効率的にしてくれるMacsFanControlアプリ

ここの「ファン速度が増加を始める温度」
と「最大温度」を低くするとファンが
回り出して本体の熱をファンで冷やしてくれます。

MACの本体には、
2つファンがありますので、

「Leftside」
「Rightside」

両方とも同じ設定値にして
温度を下げるといいと思います。

あまり設定値を下げすぎると、
ファンの音が大きくなるので、
その辺は調節してみてください。

こういった夏の時期に
インターネットビジネスの仕事をして
本体の暑さで作業効率が落ちるのは
勿体無いことです。

簡単にMACのファンの
温度調節ができますので活用してみて下さい。

PC作業中のブルーライトからの目の疲れを防ぐ f.lix

このブログだけでは話せない
ネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@masakibiz」で検索するか
下のボタンから追加することで1000万円相当の
プレゼントをすぐに受け取れます。
友だち追加

Instagram


最新のお薦め情報をクリック↓↓↓