ネットビジネス初心者が知っておくべきダイレクトレスポンスマーケティング成功法とは?

ネットビジネスを始めて知っておかなければいけないダイレクトレスポンスマーケティングとは?

どうもMasakiです。

ネットビジネスをやっていると
ダイレクトレスポンスマーケティングって
よく耳にすると思います。

けれどネットビジネス初心者にとっては
何のことだかよく分からない人も多いと
思うんですね。

ダイレクトレスポンスマーケティングって一体なに?

元々は1961年にアメリカ三大広告人のひとり
レスターワンダーマンが提唱した
マーケティング手法です。

これを日本でも有名な
神田昌典さんが持ってきたわけですね。

ダイレクトレスポンスマーケティングが
どういうものか簡単に言うと、

興味を持っている見込み客にターゲットを絞り、
情報提供(コミュニケーション)しながら、
直接反応(問い合せ、注文など)を取る。

その後も、顧客とコミュニケーションを取りながら、
顧客のリピーター化をして、ビジネスを成功させる
マーケティング手法になります。

そのためにネットビジネスでの情報ビジネスだと
よく1枚のページにメールアドレスと名前を
取得するのが主流になっています。

よく無料オファーアフィリエイトなんかで
目にすると思います。

ではダイレクトレスポンスマーケティングは
どういった流れで使うのが効果的なのか?

基本的な流れ教えたいと思います。

ネットビジネスで効果的なダイレクトレスポンスマーケティングのステップ

1.見込客を集める(オファー、プロモーション)
価値ある無料プレゼントを用意して、
見込み客のメールアドレスと名前を
取得sるう

2.教育(情報提供)する
メール配信システムを用意して(いわゆるメルマガ)
あらかじめ設定されたステップメールを
配信していく。

その中で自分の価値観や知識などを伝えて
見込み客に情報を提供して教育していく。

3.フロントエンドの販売
ステップメールの中で
商品を紹介する。

基本的には最初に見込み客に売る商品は
低額の商品を用意しておくのが一般。

4.フォローする
見込み客に購入して頂いた方を
購入者リストに登録しておいて、

購入者に対してフォローを行う。

商品が購入されてから日にちが経つにつれ
徐々に熱が下がっていく傾向にあるので、

何かしらのコミュニケーションを取って
接点をもっておく。

5.バックエンドの販売
フロントエンドの低額の商品に満足した
購入者に対して、より価値の高い
商品を提供する。

基本的にはバックエンドのほうが
高額な商品となる。

6.フォローしてバックエンド販売の繰り返し
バックエンドというのは
最低でも10個は用意しておく必要がある。

そうすることでリピーターを育成され
ビジネス自体も安定していく。

フロントエンドの商品で
フォローしきれなかった部分を
バックエンドの販売で補っていく。

例えばコンサルティングやセミナーなど。

ということでダイレクトレスポンスマーケティング
について6つのステップで解説してみました。

だいたいのネットビジネスを実践している方の
裏側を見ればこのような構造になっているのが
なんとなく理解できると思います。

是非、ネットビジネスをはじめた方も、
既にはじめてこれからという方も

このダイレクトレスポンスマーケティングを
自分のビジネスに取り入れて、
多くの価値を提供していってみて下さい。

他にもマーケティングに関するノウハウや
テクニックに関してはこちらで公開しています。
ネットビジネスマーケティング

このブログだけでは話せない
ネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@masakibiz」で検索するか
下のボタンから追加することで1000万円相当の
プレゼントをすぐに受け取れます。
友だち追加

Instagram


最新のお薦め無料情報の案件をクリック↓↓↓


ああああ

コメントを残す

このページの先頭へ