スクリーンショット 2015-08-12 4.30.08
どうもMasakiです。

今日はメンター選びについて。

よく、ネットビジネスに限らず、
ビジネスをやっている方の中で

「オレはメンターなんていらない」

「自分のチカラだけで成功するんだ」

という方を耳にするのですが、
私の意見からすると、

どんな分野であれメンターは持つべきです。

もたなくてもいいですが、かなり
遠回りの人生を歩むことになる可能性は高いです。

そこでメンターを選ぶ際に間違ってはいけない
気をつけるべきポイントをいくつか教えたいと
思います。

相手が誰でも弟子として受け入れるメンター

メンターが本物であれば自分の弟子を
まず一般募集とか誰でも応募可能なんて事は
まずありえません。

メンターになるようなら関わる人や
時間というのはかなり重要視します。

それだけ時間と労力をお互い費やす訳ですから
この人なら大丈夫だな、この人ならやれるな、
と本物のメンターは見抜いています。

あやむやに集まった人を弟子にする
というのはスタンスというのは基本的に
自分の利を目的にしている場合があります。

「条件を満たせば誰でも弟子になれるよ」

という言葉を発している人には
注意することです。

最初からお金を要求してくるメンター

紀元前5世紀頃から弟子から多額の報酬を奪い取って、
そのまま真似させるという商売は存在しました。

いつの時代も成功や賢明さを模倣することだけを売りに
努力も知識もなしに成功したいという大衆の欲求に応える
そういった人は事実存在するわけです。

特に未だにお金をチラつかせ、
自分の成功した絵を見せびらかして、
こうなりたいんだったら連絡をよこしなさい。

はい、じゃあまずはこの金額払って
弟子になってね。

というケースも見かけます。

ある意味弟子になろうとしている人との
人間関係よりもお金を絶対視している
わけですから、

お金だけ払って捨てられたなんて事の
ないように気をつけるべきです。

本当のメンターはお金よりも
自分の弟子の成長を楽しみに見ています。

響きの良い心地よい言葉しか使わないメンター

これは最も盲目になりやすく、
自分でも気づかないケースが多いのですが。

基本的に成功への道というのは
険しい道です。

その他大勢でなく、その他少数の
道に進んでいく訳ですから当然の事です。

たくさん汗をかくし、たくさん傷つきますし、
時に涙を流す時だってあります。

本来なら避けたい所ですが、
これを避けて通れないのが偽りない
成功の道です。

人間は居心地の良い場所を好みます。

楽して成功できるよというメンターは
一見いい人そうに見えて真実を隠して
いい部分だけを話している可能性があります。

常識やマナーがなく人間的魅力ないメンター

いくらその分野のエキスパートであっても
人間的魅力がなければ本物のメンターでありません。

実績や結果だけでなく、その人自身を
一人の人間として好きかどうか?

というのも大事になってきます。

教わる側も、教える側もミラーニューロンによる
影響は大きいですから、いい部分も、悪い部分も
少しづつ似てきます。

常識やマナーも含めた普段の生活習慣や
お金の使い方そういった部分も含めて
この人に付いて行きたいと思える人を
メンターに選ぶのが良いです。

ということで今回は間違ったメンター選びを
しないために気をつけるポイントを教えました。

もし気に入っているメンターがいるのであれば
まずは近づくことが大事です。

その人の商品を買う、その人のセミナーに参加する。
その人のコンサルティングを受けるなどして
まずはできる事から近づいていきましょう。

ネットビジネスで成功するための
マインドセットは、

ネットビジネスマインドセット編
でお伝えしています。

このブログだけでは話せない
ネットビジネスの秘密の情報、
稼ぐためのテクニックや思考を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@masakibiz」で検索するか
下のボタンから追加することで1000万円相当の
プレゼントをすぐに受け取れます。
友だち追加

Instagram


最新のお薦め情報をクリック↓↓↓ 最新のお薦め情報をクリック↓↓↓