スクリーンショット 2015-08-11 11.09.12
今日は人の感覚について。

あなたはもったいないところで
売れるはずのアフィリエイトの成約を逃したり、
取れるはずの受注を逃してしまったり、
しているかもしれません。

もしそんなことがあなたの
ネットビジネスの活動であったら
とてももったいないですよね?

今日はその辺を例を出して教えていきます。

自分のネットビジネスのマーケティングに
応用効くと思うので、それらを踏まえて
読んでみてくださいね。

ではでは早速

例1

A「こちらの契約書にサインしてください」

B「こちらの書類にサインしてください」

あなただったらどっちを聞かれたほうが安心しますかね?

Aの場合

「こちらの契約書にサインしてください」

と言われるとなんとなく、
ドキッとして少し慎重になる感覚が
ありませんでしょうか?

Bの場合

「こちらの書類にサインしてください」

結構すんなり、書きますよ〜といった感じで
要求に対して入っていけると思います。

言っていることは一緒なにの
使う言葉によって相手の受ける印象は
こうも変わってきます。

もう1つ例をだします。

A「今の話を聞いてあなたはどう思いましたか?」

B「今の話を聞いてあなたはどう感じましたか?」

Aの場合

「今の話を聞いてあなたはどう思いましたか?」

なんとなく、答えとして返ってくるのは
ごく普通の一般的な回答が多い気がします。

当たり外れ内容な、

「すごいと思いました!」

「とても驚きました!」

なんて感じ。

Bの場合

「今の話を聞いてあなたはどう感じましたか?」

と言われると深層心理の深い部分まで
聞き出せる感じがありませんでしょうか?

より感覚的で本来聞きたいものに近い感じです。

このように言葉というのは使うものに
よってこうも印象が変わってきます。

インターネットビジネスでは
ほとんどが今読んでいるテキストを
交わしてお客様とやりとりします。

ということはこういった一言一言が
大きな結果を変えている可能性が
高いのです。

ブログやメルマガに言えることで
一番最初に見るタイトルは最も大事です。

メルマガのタイトルに関しては
メルマガで開封率を上げるタイトルの書き方とは?
でも詳しく書いているので参考にして下さい。

ライティング全体は、
ネットビジネスコピーライティングテクニック
から学んでみて下さい。

ふとした一言が成約を逃してる場合があります。

是非あなたのネットビジネスのコピーライティングを
見直してみて弱い言葉を使ってなかったか?
より強い反応率の取れる言葉に変えられないか?

工夫してみてください。

最終更新日:2015年7月24日

このブログだけでは話せない
ネットビジネスの情報は私のメルマガや
LINE@で情報を無料で配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@masakibiz」で検索するか
下のボタンから追加することで1000万円相当の
プレゼントをすぐに受け取れます。
友だち追加

Instagram

コメントを残す

CAPTCHA