本を読んだ内容を記憶に定着させアウトプットしてビジネスで結果をだす方法
Masakiです。

最近1日の読書量が多くなりました。

気がつくと、何冊も読んでしまってます。

それはなぜかというと、
今まではアマゾンで書籍を買って
届いたら読むという習慣が多かったのですが、

アマゾンにキンドルの本が増えたことで
購入してすぐに読めることで、
PCでダウンロードして、PCで読んでしまう、
これが習慣化してきました。

もちろん紙の書籍も読んだりするのですが、
やはり、より多く数を読めるという点では、
キンドルの場合、短い内容のものも多いので
すぐに読み終わります。

ただ、いくら本をたくさん読んでも、
結局本の内容を覚えてなければ、
意味がないですよね。

(そもそも読んだ本の内容が薄い可能性もありますが)

ある研究によると、人間は例えば本を読んで
30分〜1時間後には50%の内容を忘れているそうです。

そしてそこから先は緩やかに記憶した内容を
忘れていくのが人間の脳の仕組みらしいんですね。

ですので、本を読む際に、
記憶に定着させる方法の1つとして、
知っておきたいのが何回も同じ本を読む。

ということです。

実は本を読んだ最初の1回目というのは、
自分の過去の経験などから理解できる部分しか
頭に入ってないようです。

だからこそ本当に大切な本といのは、
特に時間をかけて読んだ本と言うのは特に、
読んだあと30分以内くらいに、
もう一度頭の脳の記憶に定着されやすくなります。

そして読み方に関してなんですが、
良い本の読み方というのは、
本と対話するこということです。

「え、本に向かって喋るの?」

その状況を考えると怖いかもしれませんが、
そういうことではなく、自分自身の心の中で
自分なりの見解を持つということです。

本を読む中で疑問に思ったこと、
自分の意見として思うこと、

これらを自分の中で本と対話しながら
読んでいくわけです。

つまりインプットとアウトプットは
本を読んですぐに行わないといけません。

仮に、ビジネスをやっているのであれば、
本で読んだらすぐに行動するということです。

またさらに本を読んで記憶に定着させやすい方法として

「人に学んだことを教える」

ということです。

色んな所で聞いたことあるかもしれませんが、
人は人に教えている時に記憶が定着しやすいのです。

ですのでよく私も、何かで学んでいる際は、
これをどのようにして人に教えようかと
頭で組み立てていることがよくあります。

人に教えるというのは自分の家族でもいいですし、
学んだことを情報発信としてブログなどで伝えるのも
いいと思います。

先程、本は読んで30分〜1時間で50%忘れると言いました。

つまり今回学んだことを、1日経ったあとから行動に移そうと思っても
もうその時点で、昨日あの本を読んで学んだことって何だっけ?

という状態になってしまい、行動しずらい状況になっているわけです。

だからこそこの記事も、インプットして、
1時間以内くらいには書くようにしています。

私もよく相談を受ける中で、
かなり勉強熱心な方って数多くいます。

すごく真面目でたくさんの知識を
吸収しているように伺えます。

ただ実際話を聞いてみると、
これから取り掛かる所で準備中です。

とか

完璧になったら、取り掛かってみようと思います。

なんてさくわしながら、やってないわけです。

やはり今回お話した、インプットして、
その時はやる気で盛り上がっているのだけど、
やるべきことを先延ばしして行動しないために
学んだことを忘れてしまっている。

というのも原因の1つにあるんだと思います。

ですのでいつも言っていますが、
インプットとアウトプットはセットです。

今回学んだ記憶を定着させやすい
インプット方法で学んだあとにすぐ、
アウトプットを行うことでビジネスで
結果が出る速さも断然変わってきます。

実際にやってみると、
自分でこんなに早く行動できたんだ。

と驚くことだと思います。

是非やってみてください。

IQを向上させる方法については、
ネットビジネスIQ向上編
でもお伝えしています。

私のメルマガではネットビジネスで
稼ぐためのテクニックや思考を
発信しています。
無料ですのでまだの場合は
こちらからご登録下さい。

Instagram