ワードプレスブログの内部SEOに効果をもたらすためのアンカーテキスト
Masakiです。

今回は少し上級者向けのお話です。

ネットビジネスをやっていれば
多くの人はブログを運営していると思います。

そんなあなたのブログ記事の評価を
グーグル先生から上げるために、
適切に記事のURLをリンクさせてあげることで

グーグル先生は、
「この記事は重要なんだな」

と認識され検索結果の上位に
上げてくれることがあるんですね。

アンカーテキストとは何か?

そこで記事の中にリンクを貼った時の
テキストになる部分。

Masakiのメルマガ

これを「アンカーテキスト」

と呼ぶのですが、

このアンカーテキストの貼り方も
注意しないと、グーグル先生から
怒られて評価を下げられることもあるのです。

具体的にどんなときに怒られやすいかというと
同じテキストで何度もリンクさせた時です。

検索上位を意識するあまりやってしまいがちです。

何度も同じ「アンカーテキスト」で
リンクすることに気をつける必要があります。

アンカーテキストを分散させる

じゃあ、グーグル先生から、
評価を下げられないようにするには
どうすればいいのでしょうか?

一言で言うと、

アンカーテキストの種類を
分散させるということです。

アンカーテキストにブログタイトルなどを入れる内部SEO対策

1つ目の例として
アンカーテキストにブログタイトルや、
サイトタイトルにすることです。

私の場合で言うと、

ネットビジネスで稼ぐ力を身につけて経済的自由を手にする成功への道のメルマガ

アンカーテキストにページタイトルを入れる内部SEO対策

2つ目の例として
アンカーテキストにページタイトルを
入れ込む方法です。

今回のページタイトルの例で言うと、
内部SEOに効果をもたらすためのアンカーテキストを学ぶためのメルマガ

こんな感じで書いた記事タイトルに
関連させてアンカーテキストを入れ込む方法です。

アンカーテキストをむき出しのURLにする内部SEO対策

3つ目の例として
アンカーテキストをURLにする方法です。

どういうことかというと、
むき出しのURLを貼るということです。

例えばこんな感じ
http://new.socialshare.jp/netbusiness

URL自体をそのままむき出しの
アンカーテキストにする方法です。

アンカーテキストにキーワードを含めた内部SEO対策

4つ目の例として
キーワードが含められた
自由な文言でのアンカーテキストです。

例えば、仮に「無料オファーアフィリエイト」
というキーワードを狙っているのであれば

無料オファーアフィリエイトで初心者が稼ぐためのはじめ方

なんて感じにアンカーテキストに
キーワードを入れ込む方法。

アンカーテキストに関連キーワードや連想キーワードを入れた内部SEO対策

5つ目の例として
キーワードもタイトルも含まれてない
アンカーテキストを入れる方法になります。

これはどういうことかというと
グーグル先生は賢いので、

例えば「アフィリエイト」というキーワードで
狙っているブログやサイトだとしたら、
それに関連したキーワードや連想されるキーワードも
ちゃんと記事に含まれているか?

そういったところも見ています。

例えば ASPとか2ティアとか
そういった連想用語を含めた
アンカーテキストを入れ込む方法。

以上がアンカーテキストによる
内部SEO対策となります。

ここでお話した内容は、
ほんの一部にすぎません。

さらに、深い内容については
ネットビジネスコンサルティング
にて教えていますので、

一緒に学んで行きましょう!

このブログだけでは話せない
ネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガは
こちらからご登録下さい。

LINEは「@masakibiz」で検索するか
下のボタンから追加することで1000万円相当の
プレゼントをすぐに受け取れます。
友だち追加

Instagram


最新のお薦め情報はこちらをクリック↓↓↓