ネットビジネスではコンプレックスを強みに変えろ

ネットビジネスではコンプレックスを強みに変えろ
Masakiです

あなたはコンプレックスって
持っていますか?

私の元にもよく悩みを持った
相談メッセージが届くのですが、

自分は育った環境が他の人と
違うから上手くいかないと思う。

とか

特別いい学校を出たわけでないから
今の成功している人たちには
追いつけないと思う。

経済的の面、
肉体的の面、
人間関係の面で

悩んでいる人が多いのですが
私もコンプレックスを持っていました。

小さい頃から、人見知りだったことです。

みんなと仲良くというのが苦手で
誰とでも仲良くできる人とか、
自分を表現できる人が
凄く羨ましかったです。

その後だんだんと、
年齢が上がっていくにつれ
克服できるようになったのですが、

実はネットビジネスでは
自分の持っているコンプレックスを
強みに変えることができてしまうんですね。

なぜかというと、
ネットビジネスでは情報発信するがゆえ
一種のキャラクタービジネスでもあります。

例えば、ある生まれながらの
お金持ちが居たとします。

その人は生まれた時からお金持ちで
今もお金持ちなので、

その人が情報発信しても
お金ちの層にしか響くメッセージを
伝えることができないわけです。

一方で

昔は極貧だったけれど今は
お金持ちになったという人は、

貧乏な人からお金持ちの人に
自分の経験を元に共感できる
メッセージを発信することができます。

どちらの気持ちも生きてきた中で
経験して理解できてるからです。

両極端の人リーチできる分、
大勢の人から共感されるのです。

具体的に世の中でもこういった
コンテンツは数多く存在して、

例えば有名な映画に
「タイタニック」ってありますよね。

貧乏だったディカプリオ演じる
ジャックがギャンブルで勝って、

タイタニック号の切符を手にして
裕福なローズと出会って次第に
惹かれていくというストーリーです。

つまりこれも両極端。

このタイタニックが、
婚約していたお金持ちの男と
ローズの恋の話しだったら、
どうなっていたでしょう。

他にも有名なベストセラー本に
「金持ち父さん、貧乏父さん」
っていう本があります。

ビジネス本においてはとても
有名な本ですよね。

これも両極端な両者を
主人公にすることで、多くの人に、
共感されるストーリーになってるわけです。

他にも世の中のこれまでのヒットした
映画、小説、アニメ、などなど、

こういった要素が含まれているのは
多いことに気づくと思います。

ですので、

もしこれまで自分の持っていた
コンプレックスというものが
マイナスだったと思っていても、

今後そのコンプレックスを活かして
自分の今の目標や夢に向かって
小さな成功体験を繰り返せば、

あなたもより多くの人に共感され
あなたの情報発信に目を向ける
可能性があるということです。

未来にはあなたの共感ストーリーを聞いて
励ましてもらったり、勇気をもらったり、

そういった読者が待っていると思うので、
是非、コンプレックスを活かせるように
頑張っていきましょう。

ネットビジネスで成功するための
必要なことについては

ネットビジネスのすべてでも解説しています。

是非役立てて読んで見て下さい。

友だち追加数


コメントを残す

cyousen
*メールアドレス
*お名前(姓)

サブコンテンツ